謂うこと勿れ、今日学ばずして来日ありと|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第二章



うことなかれ、今日こんじつまなばずして来日らいじつありと

ー勿謂、今日不学而有来日ー   古文真宝
(古文真宝:二十巻。宋の黄堅の編。前集・後集からなり、
前集には、漢代から宋代までの著名な詩、後集には、戦国末、
楚の屈原から宋代までの著名な辞賦、文章を収めた詩文集)

{原文}
勿謂、
今日不学而有来日。

{書き下し文}
うことなかれ、
今日きょう学ばずして来日らいじつありと。

{意解}  
「今日やらなくても明日があるさ」
という おこたりの心をいましめた言葉である。  

 宋代の宰相、司馬光しばこうが記した「勧学文かんがくぶん」の一節である。
誰でも人からうるさくこんなことを言われるのは好まないが、

振り返れば、「あの時、もっと勉強していればよかった!」と

後悔こうかいの念、しきりの方も多いのではないだろうか。
学生時代は、友人に触発され、勉学に、遊びに、
未知の世界の探検に 熱中した記憶もあるだろう。

 会話の中で、「うことなかれ、来日らいじつありと」と
意識する事も少なからずあったのでは!

社会に出てからは、学んだことを「事上じじょう」で 身につけることを忘れがちで
「学びて思わざればすなわくらし、思いて学ばざればすなわあやうし」
「後悔先に立たず」と 自己嫌悪じこけんおおちいった経験もあるのでは!。
学ぶことに遅すぎるという事はない。
「勉強」は学生時代だけの専売特許ではない。

若き日のバイタリティーを思い出し、
「荘にして学べば老いておとろえず、老いて学べば死してちず」
(佐藤一斎)だ。

仕事に、雑事にかまけていたのでは、
いつまでたっても、とりかかれない。
思い立ったが吉日である。

ゆっくりでもいい、 階段を上り続けることが必要だろう。
階下も観えてくるはずだ。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

己を琢く手段を探る!

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください