呑舟の魚は枝流に游がず|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第一章


呑舟どんしゅううお枝流しりゅうおよがず

ー呑舟之魚不游支流ー       列子 楊朱
【列子:八巻。戦国初期の鄭のひと列御冠の撰とされているが、
偽作説もあり。別名「沖虚真経」 】

これは「列子|楊朱」の言の一文である。
列子れつし』は、春秋戦国時代のていの人、
列御寇れつぎょこうの著書とされる道家の文献を指す。
別名を『冲虚至徳真経』ともいう。
『天瑞』、『黄帝』、『周穆王』、『仲尼』、
『湯問』、『力命』、『楊朱』、『説符』の8巻、
多くの寓言により、道家的思想を伝える。

{原文}
呑舟之魚,不游枝流
鴻鵠高飛,不集汚池。
何則其極遠也。

{書き下し文}
呑舟どんしゅううお枝流しりゅうおよがず、
鴻鵠こうこくは高く飛びて汚池おちに集わず。
何となればすなわちその極めて遠ければなり。

汚池おち:汚い池


{意解}

「呑舟の魚」とは、舟をひと呑みにするような魚である。
そういう大きな魚は、川の支流には泳がないのだという。
鴻鵠こうこく(おおとり、くぐい)は高く飛んで,汚れた池には集まらない。
なぜならば、その目指す所が極めて遠いところだからである。

この言葉には、次のような含意があるようです。
大きな目標を持つこと
小事にこだわらないこと
この二つです。

人生の目標は大きいほどよい。
初めから小さい目標を立ててかかると、
それだけの結果に甘んじてしまう。
その点、大きな目標を立ててかかると、
かりに半分しか実現しなかったとしても、
かなりな線まで到達することができよう。

目標を立てたら、次は、
それを実現するためには小事にこだわらりすぎないことだ。
「枝流」のような枝道にまぎれこまないように、
いつも、しっかりと目標に向かって歩くことである。

ゆっくりでもかまわない。しかし、

つねに大きな目標から目をそらしてはならない。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

己を琢く手段を探る!

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 大きく生きる タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください