Blog

Pocket

 

第二章

 

まなびておもわざればすなわくらし、おもいてまなばざればすなわあやうし

 

ー学而不思則罔、思而不学則殆ー   論語 為政 第二
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ)

 

{原文}
子曰、
学而不思則罔、
思而不学則殆。

 

{書き下し文}
子曰く、
まなびておもわざればすなわくらし、
おもいてまなばざればすなわあやうし。
 


 

{意解}
 耳に馴染みのある一文だろう。
「読書にのみふけって思考を怠ると、 知識が身につかない。
思考にのみふけって読書を怠ると、 主観的になる」である。  

 読むだけでは、理解が不十分で
生きた知識・知恵として役立たない。
 「無知むちつみである」 最近よく耳にする言葉である。

 きつい言葉に思えるが、
知らないことで、周りに迷惑をかけたり、
傷つけたりする事を考えれば、
やはり罪の領域に入るのであろう。 が、

知っていても ”生きた知識 ”として身につけ、
役立てなければ 「無知」と等しいだろう。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 68,700 アクセス

最近の投稿

アクセス解析