すでに明かつ哲、以ってその身を保つ|中国古典 名言に学ぶ

すでに明かつ哲、以ってその身を保つ

すでに明かつ哲、以ってその身を保つ

第四章

着実に生きる

すでにめいかつてつってその身をたも

ー既明且哲、以保其身ー    中庸 第15章(朱子章句27章)
(中庸:もと「礼記」中の一篇であったが、後に四書の一つに数えられた。
孔子の孫の子思の撰と伝えられている。)

{ 原文}
國有道,其言足以興,
國無道,其默足以容。
《詩》曰:“既明且哲,以保其身。
其此之謂與!

{ 書き下し文}
くにに道あれば,の言ってこすにり,
くにに道無ければ,もくってらるるにる。
《詩》に曰く:“すでめいにしててつって其身そのみたもつ。”と。
れをうか。

すでに明かつ哲、以ってその身を保つ

すでに明かつ哲、以ってその身を保つ

{意解}
国に道なきとき、君子はどうする?中庸の第15章(朱子章句27章)は、「大なるかな、聖人の道」という偉大な聖人の道を讃える言葉で始まる。この聖人を目指して身を修め、徳を積んだ有徳人が「君子」である。この君子は何時の時代にも存在する。が、それらの「君子」を必ずしも必要とされる時代にめぐり会えるとは限らない。つまり君子は、道を守りそこから離れないように努力したとしても、国に道がなかったらどうするのか?  その方法が、この章に書かれている。

 国の政治がまともであれば、君子は立派な発言ができて高い位置につくことができるが、国の政治がみだれているときは、 君子は深い沈黙ちんもく選択せんたくが許され、それで災いを免れる。 詩経しきょう」に「道に明らかでいて思慮深い人が、それでわが身を保全ほぜんする」と歌われているのは、 それを指したものである。君子には「深い沈黙が許される」と中庸は書いているわけである。

現代では「保身」という言葉は、 あまりいい意味では使われなくなっている。
汲汲きゅうきゅうとして保身ほしんにつとめる」「自分の保身ばかり図っている」等、避難的ひなんてきニュアンスで使われることが多い。

しかし、元はこのように、生きにくい時代の中を無事に生き抜くこと、それが「身を保つ」であり、「保身」であった。「無事これ名馬」と同じようなもので、考えようによっては、 これほど難しいことはないかもしれない。 その難しいことを可能にするのに必要とされるのが「めい」と「てつ」、道に明らかでいて思慮深いこと」である。ここから「明哲保身めいてつほしん」という成語が生まれたわけである。 この二つの条件があれば、どんな乱世でも、しっかりと「身を保つ」ことができるのかもしれない。

老子 第67章に「敢えて天下の先たらず」とある。「老子」によれば、この世の中を無事に生きていくためには、「三宝」則ち三つの宝が必要なのだという。「人を慈しむからこそ、勇気が湧いてくる。物事を控え目にするからこそ、行き詰まらない。人々の先頭に立たないからこそ、逆に指導者として担がれる。全てのものを包み込む慈母の愛 、それが何ものにも優るであろう」と、老子は語っている。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください