free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第二章

 


下問かもんはじ

 

ー不恥下問ー   論語 公冶長 十四
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

 

{原文}
子貢問曰、
孔文子何以謂之文也、
子曰、
敏而好學、不恥下問、

是以謂之文也。

 

{書き下し文}
子貢問しこうとうて曰わく、
孔文子、何をもってかこれを文というや。
子曰わく、
びんにして学を好み、下問かもんはじず、

ここを以てこれを文というなり。
 


 

{意解}  
孔子の弟子の子貢しこうが、孔子にこうたずねた。
「衛国の重臣であった孔圉こうぎょ孔文子こうぶんしという人物に、
どうして「文」という立派なおくりなが与えられたのでしょうか?」

 孔子の答えは、 「もともと彼は明敏めいびんで学問を好む人だった。
分からない事があれば、 たとえ目下の相手であっても教えをうて、
それをはじなかった。 そういう態度は立派である、
だから「文」というおくりなをもらったのだ。」 と。  
 
 目下の者に教えをうのは、 あまり格好のいいものではないが、
「聞くは一時のはじ、聞かざるは一生のはじ
知ったかぶりをすると、相手は教えてくれない。
 どんどん話が先に進んでしまう。今さら聞けない、となってしまう。
 
背伸せのびをして、聞くべきことも聞かないのは、一生のそんである。
人にものを尋ねるのは恥ずかしい事ではない 。
恥だと思って聞かずにやりすごせば、なを大恥をかくことにもなる。
下問かもんはじず・・・そんなピュアな心でありたい。
 
 弱いところをさらけ出してこそ強くなれるし、協力も得られる。
偉そうにしていては、誰もついて来てはくれない、教えてはくれない。
そこに人間らしさが見えてこそ、心を集められるような気がする。
 
 誰でも知らないことは有る、当たり前のこと。
こだわりは早めに捨て、切り替えることが、
よりいの少ない人生に近づけるように思う。
誰にでも聞ける心が、弱みでなく・・・強みになる。
そんなところから、よき友が集まる・・そう思える。
 
明敏めいびん:頭の働きが、鋭く、すばやいこと。
 
備考:
*「文」はおくりなの中でも上位
*「諡」は主に帝王・相国などの貴人の死後にたてまつる、  
生前の事績への評価に基づく名のこと。
 
おくりな (諡字)はおおむね、その意味をもって
上(美諡)・中(平諡)・下(悪諡)に分けられる。
「神」「聖」「賢」「文」「武」「成」「康」「献」
「懿」「元」「章」「壮」「景」 「宣」「明」「昭」
「正」「敬」「恭」「荘」「粛」「穆」「烈」「桓」
「威」「貞」 「節」「靖」「真」「順」「顕」「和」
「高」「光」「英」「睿」「憲」「孝」「忠」 「恵」
「徳」「仁」「智」「慎」「礼」「義」「敏」「信」
「清」「良」「謙」「純」「哲」等、
死者への褒揚ほうようが込められた字が名君賢臣に贈られた。
これに対し、「野」「戻」「厲」「昏」「煬」「幽」「夷」等は
悪諡として暴君奸臣に贈られることになっている。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 59,154 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析