free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第二章

 


まずしくしてうらむきはかたく、みておごきはやす

 

ー貧而無怨難、富而無驕易ー   論語 憲問第十四の十一
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

 

{原文}
子曰、
貧而無怨難、
富而無驕易。

 

{書き下し文}
子曰く、 
まずしくしてうらきはかたく、
みておごきはやすし。
 


 

{意解}  
人間は誰しも不遇な状態におかれると、
何故、私だけこんな目に合うのかと
惨めな思いを抱くものだ。  
人を恨み、天を恨む。
これは人の自然な感情であって
それを抑え切れることは、
余程、できた人物でも難しい。  

孔子自身も、幼い時父を亡くし、
幼少時より、貧乏生活に耐え
貧乏暮らしの辛さ、苦しさを体験しながら 成長した。  
こういう逆境に育った孔子であるが故に
「貧しくして恨む無きは難く」 の実感が伝わってくる。  

 それに比べれば、
地位も財産も有る恵まれた状態に在って
人を見下すような態度をとらないことは
甚だできた人物だと評価できる。が、
それは、まだ易しいことだと、言う。  
人の内なる心理学の至言と言えるだろう。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 59,154 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析