徳を樹つるには滋きを務め、悪を除くには本を務む|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第二章

 

とくつるにはしげきをつとめ、あくのぞくにはもとつと

ー樹徳務滋、除悪務本ー   書経 周書 泰誓 下
(書経:二十巻。「尚書」のこと。五経の一つ。堯、舜の伝説時代から夏、
殷を経て、周代に至る間の政治に関する記録。初めは単に「書」といったが、
宋代になって「書経」と呼ばれるようになった。)

{原文}
樹徳務滋、
除悪務本。

{書き下し文}
とくつるにはしげきをつとめ、
あくのぞくにはもとつと

{意解}  
 徳を身につけるにはどうすればよいか。
よいことはどんな小さなことでもバカにしないで、
大きく育てるように努力することだ。 また、
悪を取り除くには、枝葉末節は放っておいて
まず根元こんげんを掘り返してしまうことだという。

 人間の修養について語った言葉である。
たしかに人格(徳)の形成は、 一つ一つの行動の積み重ねである。

 それはあたかも木を育てるようなものであろう。
種まき、水やり、手入れをし、 そうやって何本も育てていく。
その結果形成されるのが、人格である。

 その手間を惜しんでいたのでは、
立派な人格の形成はあり得ない。
逆に、悪の方は、 芽生えのうちから根こそぎ抜いてしまう。
根が残っていたのでは、 必ずまた頭をもたげてくるからだ。

 これを社会的な視野から言えば、
小さな善行の積み重によってより良い社会を築き、
悪は、雑魚ばかり追いかけ回さないで、
巨悪の根源を絶つという発想にほかならない。

 周国の武王ぶおうが殷国の紂王ちゅうおう討伐とうばつしたとき、
自ら率いる討伐軍の将兵に向かって
語りかけた言葉の中に出てくる。

紂王の悪業、さらに紂王その人を指して
悪をのぞくにはもとつと妥協だきょうせず、
徹底的に滅ぼしてしまえということだ。
武王の不退転ふたいてんの決意を表明した言葉でした。
何事も、中途半端、応急手当でとどめておけば、
後々、大きなひずみいたるということであろう。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、悩み相談、マネージメント、又人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと中国古典の「意解」に取り組んでます。役に立てて喜ばれる事が励みです。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください