Blog

Pocket

 

第二章


 


人のうれい一曲いっきょくおおわれて大理だいりくらきにあり

 

ー人之患、蔽於一曲而闇於大理ー   荀子 解蔽篇
(荀子:二十巻。戦国時代末期の学者、荀況の書。荀況は孟子に次ぐ大儒。
孟子の性善説に対して、荀況は性悪説を唱えた。)

 

{原文}
人之患、
蔽於一曲
而闇於大理。

 

{書き下し文}
人のうれい
一曲いっきょくおおわれて

大理だいりくらきにあり。
 


 

{意解}
物事の一面にとらわれて、 全体を把握できない、 これが人間の欠点である。
という意味である。

 
「荀子」によれば、 偏見によって心が惑わされるからだという。
「心が惑わされるのは、

 
どんなことでも、 一面だけにとらわれると、
心が惑わされて大局的な判断を失ってしまう」  
 
人には元々、 事実を事実として認めたがらない心理的傾向があり、
すべてのものを自分の持っている基準に 当てはめて考えようとするらしい。
いわば認知構造のひずみを本来持っているわけだ。

それから免れようとするなら、 自覚的な努力によって、

一、固定概念からの脱却
一、冷静な判断力の養成
一、確かな情報の入手

などにつとめなければならない。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 73,550 アクセス

最近の投稿

アクセス解析