前言往行を識して以ってその徳を蓄う|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第二章

 

前言往行ぜんげんおうこうしるして、ってそのとくやしな

ー識前言往行、以蓄其徳ー   易経 象伝 山天大畜
(易経:「易」または「周易」ともいう。五経の一つ。
卜筮ぼくぜいの法によって、倫理道徳を説いたもの。
上下の「経」と、その注釈篇である。
「十翼」からなり、十翼は孔子の編と伝えられている。)

{原文}
識前言往行、
以蓄其徳。

{書き下し文}
前言往行ぜんげんおうこうしるして、
ってそのとくやしなう。

 


{意解}

人は誰しも向上心は持ち合わせている。
すべからく、人に信頼されずには、
自分の言動に価値はみいだせない。
説得力を持った人間、他人に信頼される人材になる為には、
日々努力して、それなりの徳を身に付けることである。  

 この一文は、その一つの方法が「前言往行ぜんげんおうこう」を学ぶこと、
優れた古人の言行から学べと云っている。
 それを目標にして、そのレベルに近づけるよう努力すれば
おのずととくが身に付いていくのだという。

中国には古来から言行録の類は多く、
「論語」、「老子」、「貞観政要」、「菜根譚」、「宋名臣言行録」等
優れた古人の言行に接することができる。
ここで紹介している一言もその中のほんの一部である。  

 又、日本の古文もすてたものではない。
日本人には素直に受け取れる感がする。  

心のあらわるる所は、尤ももっとも言と色とにり。
言を察して色を観れば、賢不肖けんふしょう、人隠す能わず。
言志四録 現代語抄訳 [ 佐藤一斎 ] 言葉と、顔色で人間が見抜けるということである。  

ほしいままの一字をさりて、にんの一字を守るべし
養生訓 (中公文庫) [ 貝原益軒 ] もろもろの善は、皆よくをこらえて、ほしいままにせざるよりおこる。
故にしのぶと、ほしいままにするとは、善と悪とのおこる本なり。  

老いて智の若き時にまされる事、
若くしてぼういたるにまされるがごとし
『徒然草』兼好
年を取ることを何もおそれる必要はない。
が、どんどん増えていくことなのだから  

心に染みる「前言往行」に満ちている。
あとは手に取り開くだけである。  
必ず、心の血となり、肉となりて、貴方を支えるだろう。

賢不肖けんふしょう:賢い人、愚かな人

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , , パーマリンク

前言往行を識して以ってその徳を蓄う|中国古典 名言に学ぶ への2件のフィードバック

  1. ピンバック: consultant network leadership

  2. ピンバック: elite training pleasanton

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください