富貴の地に処しては、貧賎の痛癢を知らんことを要す|中国古典 名言に学ぶ

富貴の地に処しては、貧賎の痛癢を知らんことを要す

富貴の地に処しては、貧賎の痛癢を知らんことを要す

第二章


富貴ふうきしょしては、貧賎ひんせん痛癢つうようらんことをよう

ー処富貴之地、要知貧賎的痛癢ー   菜根譚 前集 187
(菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている)

{原文}
処富貴之地、
要知貧賤的痛癢。
当少壮之時、

須念衰老的辛酸。

{書き下し文}
富貴ふうきしょしては、
貧賎ひんせん痛癢つうようらんことをようす。
少壮しょうそうの時に当たっては、
すべからく衰老すいろう辛酸しんさんおもうべし。

富貴ふうき:金持ちで、かつ地位や身分が高いこと
貧賎ひんせん:まずしく身分が低いこと
痛癢つうよう:精神的、肉体的な苦痛や、物質的な損害
少壮しょうそう:若くて意気盛んなこと
衰老すいろう:「老衰」に同じ
辛酸しんさん:苦しくつらいこと

富貴の地に処しては、貧賎の痛癢を知らんことを要す

富貴の地に処しては、貧賎の痛癢を知らんことを要す

{意解}

財産、地位に恵まれているときにこそ、
貧しく地位の低い人たちの苦しみを理解せよ。
若く元気なときにこそ、
老い衰えたときのつらさを考えよ。  

どちらも、弱者へのいたわりの心と、人の痛みを理解できる人間であれ、と説いている。

そんな思いやりを持った人間は、見ただけで解るものである。心の暖かさが容貌や態度ににじみ出て、いかにも穏やかな人柄を感じとれる。思うに、立派な人格を形成するためには、人に対する思いやりを持たなければならないということだろう。
取り繕った思いやりではなく、 心からの「仁」である。

近思録に「人に接しては則ち渾てこれ一団の和気」とある。一見して冷たさを感じさせる人物とか、トゲトゲしい雰囲気を持った人物のもとには、人は集まってこない。人に好かれるのは、親しみやすく、なごやかな雰囲気をまとい、暖かさを感じさせる人物である。それがここで言っている「和気」である。「和気」も「」もまた人間関係を円滑にする重要な条件である。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

About ナオン

趣味で「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」、愛犬の健康改善にと思い調査した「愛犬の医療費削減に繋がる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の一助になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
This entry was posted in 自己を高める and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.