Blog

 

第二章

 

書を読みて聖賢せいけんを見ざれば、鉛槧えんざんようたり

 

ー読書不見聖賢、為鉛槧傭ー  菜根譚 前集 56項
【菜根譚:明の洪自誠編。前集222条では人との交わり、事治、対応の道を説き、
後集135条では退静閑居の楽しみを論じている】

 

原文:
読書不見聖賢、為鉛槧傭。
居官不愛子民、為衣冠盗。
講学不尚躬行、為口頭禅。
立業不思種徳、為眼前花。

 

書き下し文:
書を読みて聖賢せいけんを見ざれば、鉛槧えんざんようたり。
官にりて子民しみんを愛せざれば、衣冠いかんとうたり。
学を講じて、躬行きゅうこうくわへざれば、口頭こうとうぜんたり。
業を立てて種徳しゅとくを思わざれば、眼前の花たり。

 
聖賢せいけん:聖人と賢人。徳がすぐれ、かしこい人
鉛槧えんざん:文筆に携わること
躬行きゅうこう:みずから実行すること
くわ:たいせつにする。重んずる
*口頭禅:口先だけで説く禅
種徳しゅとく:社会貢献
 


 

意解:
古人の書物を読んで、字句の解釈だけで聖賢の心に触れなければ、
それは単なる文字のやとわれ者にすぎない。
官位につき俸給を貰っていても、国民を愛さなければ、
ただの制服を着た給料泥棒だ。
学問を講じても、実行していなければ、
それは口先だけの知識にすぎない。
事業を起こしても、社会貢献しなければ、
眼前の切り花のように一時の事業で終わってしまう。
 
どの一文も、身につまされる56項である。

 

*参考資料:菜根譚の全文紹介(漢文、ひらがな読みの文章、現代の訳)より
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 63,868 アクセス

最近の投稿

アクセス解析