大道廃れて仁義あり|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第三章


大道廃だいどうすたれて仁義じんぎあり


ー大道廃有仁義ー   老子 第十八章
(老子:二巻八十一章。道家の祖。老耽の撰と伝えられるが、
老耽が実在したか否かは明らかではない。
人為、虚飾を去って、無為自然であるべきことを説いている。別名「道徳経」)

{原文}
 大道廃有仁義、
 知恵出有大偽。

 六親不和有孝慈、
      国家昏乱有忠臣。     

{書き下し文}
大道すたれて仁義じんぎ有り、
知恵でて大偽たいぎ有り。
六親和せずして孝慈こうじ有り、
国家昏乱こんらんして忠臣ちゅうしん有り。

{意解}  
人間本来の自然な生き方である
無為自然の「大道だいどう」が失われてしまったゆえに、 仁義じんぎの概念が生まれ、  
小賢こざかしい知恵を振りかざす者がいる故に、 人々はいつわり合う様になる。  
家族が仲良く暮らしていない故に、 孝行こうこうとか慈愛じあいという概念がいねんが生まれ、  
国がひどく乱れて安定していない故に、 忠義ちゅうぎの臣の概念が生まれる。  

 基本的に老子の批判の矛先が儒家に向いていることは、確かですが、
老子は「仁義」や「孝慈」の内容そのものを 否定しているわけではない。
それは本来もっと自然な形で
おのずと自然に行なわれるものであることを言っている。

 人にとって本当に守らなければならない事というのは、
わざわざ言葉や、文字にしなければならないような ものでは
無いということである。  

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

己を琢く手段を探る!

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 社会を考える タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

9 Responses to 大道廃れて仁義あり|中国古典 名言に学ぶ

  1. Joanna のコメント:

    Thanks designed for sharing such a nice thinking, post is
    good, thats why i have read itt completely

  2. Poker qq のコメント:

    Asking questions are genuinely good thing if you are not understanding anything completely, but
    this article presents fastidious understanding yet.

  3. gothicfanaticguild.uv.ro のコメント:

    Thank you for any other informative web site. Where else may just I am getting that type of info written in such an ideal means?
    I have a venture that I’m just nnow running on, and I have been at the glance
    out for suhh info.

  4. ピンバック: Herald Online Advertising Rates

  5. ピンバック: funny product reviews amazon

  6. ピンバック: card software

  7. ピンバック: East coast elevators CCBC

  8. ピンバック: file lawyer forms

  9. ピンバック: Texas poker indonesia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください