free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

cyakujitu


面従めんじゅうして退しりぞいて後言こうげんあることなかれ

 

ー無面従退有後言ー    書経 益稷えきしょく
(書経:二十巻。「尚書」のこと。五経の一つ。堯、舜の伝説時代から夏、
殷を経て、周代に至る間の政治に関する記録。初めは単に「書」といったが、
宋代になって「書経」と呼ばれるようになった。)

 

{原文}
予違、汝弼。
汝無面從、退有後言。
欽四鄰。 違、戻也。
言我有違戻於道、爾當弼正其失。
爾無面諛以爲是、而背毀以爲非。
不可不敬爾鄰之職也。
申結上文弼直鄰哉之義、
而深責之禹者如此。

 

{書き下し文}
われたがわば、なんじたすけよ。
汝面從なんじめんじゅうしてかれ、退しりぞいて後言有こうげんあること。
四鄰しりんつつしめ。 は、もどるなり。
言う、我れ道に違い戻ること有らば、
爾當なんじまさたすけて其の失を正すべし。

爾面諛なんじめんゆしてもっこれして、そむこぼれてもっすことかれ。
爾鄰なんじりんたるの職をうやまずんばあるからず。
かさねて上の文のたすなおくしりんなるかなのを結んで、
深く之をむる者これごとし。

*四隣(しりん):前後左右の家や人  
*面諛(めんゆ)/人の目の前で、へつらうこと。
りん:となり
聖天子のしゅんの後継者

 

 

{意解}  
聖天子のしゅんが後継者のいましめた言葉だという。
面と向かっては、はい、はいと相手の意見に従っておきながら、
かげに回って不平不満を並べたり、非難したりする(面従後言)。
そんなことはしてはいけないということである。  

 私たちが人間関係の中で、犯しがちな過ちの一つである。
常日頃から、余程気をつけておかないと、ついこうなってしまう。
この過ちによって、
こちらの人格を低劣に見透かされても止むを終えない、

「後言」は、必ず相手の耳に入る。
「これは内緒だ」と念を押せば押すほど、相手に筒抜けになる。
当然、相手としても、いい感情を持つはずがない。
その結果、人間関係を決定的に悪化させてしまう。  
言いたいことは直接相手に言う。
言ってはならないことについては、
あくまでも沈黙を守ることが望まれる。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,025人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析