徳を作せば心逸して日に休し、偽を作せば心労して日に拙なり|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第四章

 

徳をせば心いつして日にきゅうし、せば心ろうして日にせつなり

 

ー作徳心逸日休、作偽心労日拙ー  書経 卷之六 蔡沈集伝
(書経:五経の一つ。堯、舜から夏、殷、周に至る間の政治に関する記録)

 

{原文}
位不期驕、祿不期侈、
恭儉惟德、無載爾僞。
作德、心逸日休。
作僞、心勞日拙。

 

{書き下し文}
くらいおごることを期せず、祿ろくおごることを期せず、
恭儉きょうけんとくあり、なんじいつわりをこととすることかれ。
德をすときは、心いつくして日々にし。
いつわりをすときは、心くるしみて日々にせつなり。
 
* 恭儉きょうけん:人に対してはうやうやしく、
自分自身は慎み深く振る舞うこと

 


 

{意解}
たっとくらいに登れば自然におごりの心の生ずる、
収入が多くなれば自然に驕りの心が生ずる、
慎み深く振る舞えば德があり、偽りをさいしてはならない。
 
道に外れたことをしなければ、心にやましいことがないので、
毎日、楽しく安らかに暮らすことができる。
 
逆に、道に外れたことをしていれば、
それを隠したり取りつくろったりして毎日気苦労が絶えず、
仕事もうまく行かなくなるというのだ。
 
とく」をなすか「」をなすかで、心の有り様が全く変わってくる。
この違いが大きいのだという。
 
 おそらく、これは誰でも覚えがあるに違いない。
何か一つでも良いことをした日は、
一日中、気持ちが軽やかになる。
 
 ところが、意にそまない事をしたような時は、
一日中、気分が重くなる。
 
これでは、仕事にも周りにも良い影響などあろうはずはない。
わずか一日でもそうなのだから、もっと長い期間となると、
その違いはさらに大きくなるかも知れない。
 
「偽を作す」のは、短期的には上手くいくかもしれないが、
長期的に見ると帳尻が合わなくなる。
 
 自分を偽らないで地道に生きたほうが、
結局は得になるのでは!

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、悩み相談、マネージメント、又人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと中国古典の「意解」に取り組んでます。役に立てて喜ばれる事が励みです。
カテゴリー: 着実に生きる タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください