徳を作せば心逸して日に休し、偽を作せば心労して日に拙なり|中国古典 名言に学ぶ

徳を作せば心逸して日に休し、偽を作せば心労して日に拙なり

徳を作せば心逸して日に休し、偽を作せば心労して日に拙なり

第四章

徳をせば心いつして日にきゅうし、
せば心ろうして日にせつなり

ー作徳心逸日休、作偽心労日拙ー  書経 卷之六 蔡沈集伝
(書経:五経の一つ。堯、舜から夏、殷、周に至る間の政治に関する記録)

{原文}
位不期驕、祿不期侈、
恭儉惟德、無載爾僞。
作德、心逸日休。
作僞、心勞日拙。

{書き下し文}
くらいおごることを期せず、祿ろくおごることを期せず、
恭儉きょうけんとくあり、なんじいつわりをこととすることかれ。
德をすときは、心いつくして日々にし。
いつわりをすときは、心くるしみて日々にせつなり。

* 恭儉きょうけん:人に対してはうやうやしく、
自分自身は慎み深く振る舞うこと

徳を作せば心逸して日に休し、偽を作せば心労して日に拙なり

徳を作せば心逸して日に休し、偽を作せば心労して日に拙なり

{意解}
たっとくらいに登れば自然におごりの心の生ずる、
収入が多くなれば自然に驕りの心が生ずる、
慎み深く振る舞えば德があり、偽りをさいしてはならない。

道に外れたことをしなければ、心にやましいことがないので、
毎日、楽しく安らかに暮らすことができる。

逆に、道に外れたことをしていれば、
それを隠したり取りつくろったりして毎日気苦労が絶えず、
仕事もうまく行かなくなるというのだ。

とく」をなすか「」をなすかで、心の有り様が全く変わってくる。
この違いが大きいのだという。

 おそらく、これは誰でも覚えがあるに違いない。
何か一つでも良いことをした日は、一日中、気持ちが軽やかになる。
ところが、意にそまない事をしたような時は、一日中、気分が重くなる。

これでは、仕事にも周りにも良い影響などあろうはずはない。わずか一日でもそうなのだから、もっと長い期間となると、その違いはさらに大きくなるかも知れない。

「偽を作す」のは、短期的には上手くいくかもしれないが、長期的に見ると帳尻が合わなくなる。自分を偽らないで地道に生きたほうが、
結局は得になるのでは!

淮南子 巻十八 人間訓に「陰徳ある者は必ず陽報あり」の一文がある。
善行とは人に認めてもらいたいからするものではなく、人知れず行なうもの。人知れず徳を積む者には必ず誰の目にも明らかなよい報いがあり、隠れて善行をしている者には必ずはっきりとした名誉があるもの。と言っている。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

About ナオン

趣味で「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」、愛犬の健康改善にと思い調査した「愛犬の医療費削減に繋がる果物・野菜の能力!効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の一助になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
This entry was posted in 着実に生きる and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.