大富は命に由り、小富は勤に由る|中国古典 名言に学ぶ

大富は命に由り、小富は勤に由る

大富は命に由り、小富は勤に由る

第四章

大富だいふめいり、小富しょうふきん

ー大富由命、小富由勤ー  俚諺

原文:
大富由命、
小富由勤。

書き下し文:
大富だいふめいり、
小富しょうふきんる。

大富は命に由り、小富は勤に由る

大富は命に由り、小富は勤に由る




意解:

めい」とは、天命とか運命という意味である。
きん」とは、勤勉である。
したがって、この俚諺りげん(ことわざ)の意味は、
「小さな財産は勤勉によって得られるが、大きな財産は運命しだいだ」となる。

「命」とは、天の意志であり、人間の力ではいかんともしがたいものである。たとえば、人間に寿命、貧富、禍福などは、すべて生まれる前から定まっており、変更不可能なものだと考えられてきた。

多くの場合、この「命」が意識されるのは、貧困、不幸、夭折ようせつ(若くて死ぬこと)などの逆境に陥ったときである。そんなとき、人々は、心のバランスを回復させる役割を「命」に求め、これも「命」なのだと自分を納得させてきた。

だが、一方では、人間の努力も無視できない。そこで、大筋では「命」の存在を容認しながら、その範囲内で勤勉のメリットを強調しているのが、この俚諺りげん趣旨しゅしだといってよいかもしれない。

易経 繋辞上伝 第四章に「天を楽しみ、命を知る、故に憂えず」とある。天地宇宙の変化を楽しみ、己の使命(天命)を自覚し受容する、ゆえに目先の現象に一喜一憂しない。昔から中国人は、人間社会のもろもろの現象は、天の意思の見えない糸によって支配されていると考えてきた。それが「天命」であり、「命」である。故に「命」を自覚することによって、達観たっかんとか諦念ていねんが生まれ、さらに進めばさとりの境地に近づいていく。
ゆえうれえず」━━━━!!変にジタバタしないということになる。と云っている。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

私たちは、日々、何をするにしても、大なり小なり決断(選択)をしています。その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」が一助のなればと思います。愛犬の健康改善にと思い調査した「果物・野菜の能力!愛犬の医療費削減に繋がる効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の参考になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: 着実に生きる タグ: , , , パーマリンク

コメントいただければ嬉しいです

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください