君子は必ずその独りを慎む|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第四章

君子はかならずそのひとりをつつし

ー君子必慎其独也ー  大学 伝六章
(大学:一巻。もと「礼記」中の一篇であったが、宋代以降、単行本として独立し、
朱熹がこれを四書の一としたことから、特に広く読まれるようになった。)

{原文}
所謂誠其意者、毋自欺也。
如悪悪臭、如好好色。
此之謂自謙。
君子必慎其独也。

{書き下し文}
所謂いわゆるそのまことにするとは、みずかあざむなきなり。
悪臭あくしゅうにくむがごとく、好色こうしょくこのむがごとし。
これをこれ自らこころよくすとう。
ゆえに君子はかならずそのひとりをつつしむなり。

{意解}
いわゆるそのまことにするというのは、
修身しゅうしんをするに当たって自分自身を不正にあざむくことがないということである。
悪臭あくしゅうにくむように悪を憎めば悪事あくじをなさず、
好色こうしょくこのむようにぜんこのめば善事ぜんじをなすようになる。
このようになれば自然に善行ぜんこうして悪を遠ざけるので、
こころよい気持ちになっていくというのである。
ゆえに、君子は必ず自分ひとりしか知らないこと
(他人に見られていない言動)をつつしむのである。

例えば、自動車を運転する際に日頃マナーに気をつけて運転していても、
同乗者がいない時や、諸事情で急いでいる時等に、
ついつい気のゆるみで、マナーをおこたったりしがちである。
他人には気づかれなくても、自分自身にはしっかり見られている。
それが、いつまでも気持ちに引っかかり、
なんとも後味が悪い経験をしたことが有るのではないだろうか(心の引け目)。
ひとりをつつしむ」のは、結局、自分のためなのである。  

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

己を琢く手段を探る!

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 着実に生きる タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください