free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

しゃくじつ


君子はかならずそのひとりをつつし

 

ー君子必慎其独也ー    大学 伝六章
(大学:一巻。もと「礼記」中の一篇であったが、宋代以降、単行本として独立し、
朱熹がこれを四書の一としたことから、特に広く読まれるようになった。)

 

{原文}
所謂誠其意者、毋自欺也。
如悪悪臭、如好好色。
此之謂自謙。
君子必慎其独也。

 

{書き下し文}
所謂いわゆるそのまことにするとは、みずかあざむなきなり。
悪臭あくしゅうにくむがごとく、好色こうしょくこのむがごとし。
これをこれ自らこころよくすとう。
ゆえ君子はかならずそのひとりをつつしむなり。

 

 

{意解}
いわゆるそのまことにするというのは、
修身しゅうしんをするに当たって自分自身を不正にあざむくことがないということである。
悪臭あくしゅうにくむように悪を憎めば悪事あくじをなさず、
好色こうしょくこのむようにぜんこのめば善事ぜんじをなすようになる。
このようになれば自然に善行ぜんこうして悪を遠ざけるので、
こころよい気持ちになっていくというのである。
そのため、君子は必ず自分ひとりしか知らないこと
(他人に見られていない言動)をつつしむのである。

例えば、自動車を運転する際に日頃マナーに気をつけて運転していても、
同乗者がいない時や、諸事情で急いでいる時等に、
ついつい気のゆるみで、マナーをおこたったりしがちである。
他人には気づかれなくても、自分自身にはしっかり見られている。
それが、いつまでも気持ちに引っかかり、
なんとも後味が悪い経験をしたことが有るのではないだろうか。
ひとりをつつしむ」のは、結局、自分のためなのである。  

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,025人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析