Blog

第四章

 

わずらいはゆるがせにするところによりしょうじ、わざわい細微さいびよりこる

 

ー患生于所忽、禍起于細微ー  説苑
【説苑|ぜいえん:二十巻。前漢の劉向の撰。前賢先哲の逸話集】

 

原文:
患生于所忽、
禍起于細微。

 

書き下し文:
わずらいはゆるがせにするところによりしょうじ、
わざわい細微さいびよりこる。
 


 

意解:
ちょっとした気持ちのゆるみから、大きな事故が起こるのだという。
工事現場などに「油断一秒、怪我一生」といったポスターが貼られていたものだが、
説苑ぜいえん」がここで言わんとしているのも、そういうことにほかならない。
人間のしでかす失敗の本質は、昔も今も、あまり変わっていないのかもしれない。
 
これは誰でもがそうだが、難しい仕事を抱え、
それに一生懸命打ち込んでいるときには、緊張感で張り詰めている。
気持ちの緩みが起こるのは、むしろ仕事が順調に運んでいるときだ。
 
また、これも人間の犯しがちな過ちの一つだが、なにか問題が起こっても、
これはまあ些細ささいな問題だからと、目をつぶろうとする。その結果、
問題をこじらせて、いよいよ解決を難しくしてしまう。
 
好調なときこそいっそう気持ちを引き締め、些細な段階のうちに
わざわいの芽を摘み取るのが、賢い処世術しょせいじゅつなのかもしれない。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ブログ統計情報

  • 63,865 アクセス

最近の投稿

アクセス解析