天下、意の如くならざるもの、恒に十に七、八に居る|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第五章


天下、ごとくならざるもの、つねに十に七、八に

ー天下不如意、恒十居七八ー  晋書
(晋書:中国晋王朝(西晋・東晋)について書かれた歴史書。二十四史の一つ。
唐の太宗の命によって、房玄齢、李延寿らが編集した書。紀伝体。)

{原文}
天下不如意、恒十居七八、
故有当断不断、天与不取。
豈非更事者恨於後時哉。

{書き下し文}
天下にしかざること、つねに十に七八に居る。
故にまさに断ずべきに断ぜす、天与うるに取らざる有り。
あに更事者こうじしゃの後時にうらむことあらざらんや。

 

天下、意の如くならざるもの、恒に十に七、八に居る

#天下、意の如くならざるもの、恒に十に七、八に居る

{意解}
 世の中のには、自分の思いどうりにならないことが七、八割もある、
という意味である。

 晋の羊枯ようこという将軍が語った言葉だという。
羊枯は征南大将軍として南の国境沿いに駐屯し、
呉に対する侵攻作戦を練っていた。だが、
何度政府に進言しても、侵攻の許可がおりない。

 十分な勝算があってのことだったが、
政府の許可がおりないため、
軍を動かすことができなかった。

 苦労して作戦計画を練りあげた羊枯としては、
なんとも歯がゆかったに違いない。
その時漏らしたのが、この言葉だと言われる。 

 その時に決断してやらなければ、後になって、
もう一度やり直しをすることになった者が、
どうしてあの時にしておいてくれなかったのだ、
と、恨みに思うことになるのである。

 結局この機を逸した晋が呉を統合するのは、
羊枯の死の後、その後任となった杜預とよによってである。

 時代は変わっても、羊枯の嘆きのたぐいは多いように思われる。
とくに、組織の中で生きている人ほど、
この嘆きは深刻であるかも知れない。

 人生には、どんなに努力し、
どんなに苦労しても報われないことが多い。

しかし、そのことを肝に銘じながらも・・・
努力を怠らないことが肝心なようである。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 逆境を乗り切るための心得 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください