已むべからざるに於いて已むる者は、已まざる所なし|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第五章

むべからざるにいてむるものは、
まざるところなし

ー於不可已而已者、無所不已ー  孟子 盡心章句上 四十四
(孟子:七篇。戦国中期の儒家孟軻もうかの言行や学説を編集したもの。
性善説・四端説・天命説・王道説・仁義は有名。四書の一つ)

{原文}
孟子曰、 
於不可已而已者、
無所不已。
 

於所厚者薄、
無所不薄也。 

其進鋭者其退速。

{書き下し文}
孟子いわく、
むべからざるにいてむる者は、
まざるところなし。
厚くすべき者にいて薄くするは、
薄くせざるところなし。 

其の進むことはやき者は其の退しりぞくことすみやかなり。

{意解}
やめてはならない所でやめる人間は、
何をやっても中途半端なことしかできない。

念を入れてやらなければならない時に手を抜く人間は、
何をやってもいい加減なことしかできない。
性急に進む者は、やめるのも速い。

と「孟子」は語っている。

 人生には、何度か正念場がある。
ここで踏ん張らなければ、
せっかく今まで築いてきたものを失ってしまうとか、
あるいは、そこを乗り切らなければ、
新しい展望が開けないとか、そういった時である。
「孟子」のいう「止むべからざる」ところとは、それを言う。

ここを突破すると、それが大きな自信につながり、
人間的にも一回り大きく成長することができよう。
 それができるかどうかは意志力の問題である。
日頃から、強い意志を鍛えておくべきだろう。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 逆境を乗り切るための心得 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください