疾風に勁草を知る|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第五章


疾風しっぷう勁草けいそう

ー疾風知勁草ー  後漢書-列傳 銚期王霸祭遵列傳
(後漢書:百二十巻。本紀十巻、列伝八十巻は、 南北朝時代、
南朝宋の范曄(はんよう)の選で、 志三十巻は晋の司馬彪の
続漢書から取っている。)

{原文}
潁川從我者皆逝。
而子獨留努力。
疾風知勁草

{書き下し文}
潁川えいせんにて我に従う者、皆く。
しかして子ひとりとどまり努力す。
疾風しっぷう勁草けいそうる。


{意解}

劉秀りゅうしゅう大司馬だいしばに、王覇おうは功曹こうそう令史れいしとなり、
河北の攻略に従軍際、

王覇に従っていた賓客は数十人居たが、
困難な河北攻略に客達は次第に離れていき、
遂には王覇一人になった。

その折に劉秀が王覇に云ったことばである。

勁草けいそう」とは、強い草のこと。
風のおだやかな日には、強い草も弱い草も区別がつかないが、
疾風しっぷうが吹き荒れると、弱い草は地べたに這いつくばってしまうが、
強い草はたたかれても叩かれても、
頭を上げてまっすぐに立とうとする。

疾風の吹き荒れる日にこそ、勁草の真価が発揮される。


人間もそれと同じこと、平穏無事な日々には、
強い人間も弱い人間も、見分けがつかない。
困難や逆境に出会ったときに、

はじめてその人間の真価が見えてくる。
「疾風に勁草を知る」とは、こういう意味である。

 孔子の言葉にも「真価は苦境・逆境のときに表れる」
とある。

人生には難事や苦しい状況の時もある。
しかし、そこでくじけては、なんにもならない。
そんな時こそ、上を向き、胸を張って進みたい。
疾風に耐える勁草のように。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

己を琢く手段を探る!

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 逆境を乗り切るための心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください