free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第六章

 

小人しょうじんみずおぼれ、君子くんしくちおぼれ、大人たいじんたみおぼれる

 

ー小人溺於水、君子溺於口、大人溺於民ー    礼記 緇衣篇
{礼記:四十四篇。周末秦漢時代の礼に関する理論及び実際を記録編集したもの。
前漢の戴聖によって伝えられた。「小戴礼」又は「戴記」といわれる。五経の一つ。
緇衣篇しえへん:政治的教訓(賢者を好むことなど)について論じたもの。}

 

{原文}
小人溺於水、
君子溺於口、
大人溺於民。
皆在其所褻也。

 

{書き下し文}
小人しょうじんみずおぼれ、
君子くんしくちおぼれ、
大人たいじんたみおぼれる。
みなそのるるところり。
 


 

{意解}
孔子が言うには「民は水に溺れ、少し偉い者は喋り過ぎて口に溺れ、
為政者は心地良いことを喋って民に溺れる。」と。

おぼる」というのは、失敗をまねくということ。
小人は水、君子は口、大人は民と、
おのおののレベルに応じて失敗する対象がちがっている。
しかし、失敗する対象が違っていても、
共通する原因は「みなそのるるところ」という。
つまり、れからくる油断ゆだんである。

「小人は水に溺る」~よくわかる、酒・遊行・ギャンブル。
「君子は口に溺る」~アルコールが入ると、誰でも口が軽くなる。
「大人は民に溺る」~あなどった心で「民」に接する。

「礼記」はこう語ったあとで、
ゆえに君子はつつしまざるべからず」と念を押している。

私たちの日々の仕事・生活にいても、かえりみる一文に思える。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 59,155 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析