free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第六章

 

遠水えんすい近火きんかすくわず

 

ー遠水不救近火也ー    韓非子 説林
{韓非子:二十五巻五十五篇。戦国時代の韓非の撰。
先秦時代の法家の学を集大成し、それに韓非の考えを加えたもの。
はじめ「韓子」と称したが、宋以後、
唐の韓愈と区別するため「非」の字を加えたもの。}

 

{原文}
犁鉏曰、

假人於越而救溺子、
越人雖善遊、子必不生矣。
失火而取水於海、
海水雖多、火必不滅矣。
遠水不救近火也。
今晉與荊雖強、而齊近。
魯患其不救乎。

 

{書き下し文}
犁鉏りしょ曰く、

人をえつより仮りて溺子できじょすくわむとせば、
越人とく遊ぐといえども、子はかならきざらむ。
火をしつして水を海より取らば、
海水多しといえども、火はかならへざらむ。
遠水は近火きんかすくわずなり。
今、しんけいとは強しといえども、しかれどせいは近し。
わずらすくわれざらんか、と。

 

 

{意解}
日本ではよく耳にする「遠くの親戚より近くの他人」と同意で、

遠くにあるものは、急場の役に立たないことのたとえである。
(的確な状況判断)
春秋時代、魯国ろこくは隣の強国せいより侵略されようとしていた。
そこで魯の王様は息子たちをしん(後に国とけい国に分割)仕えさせ、
いざという時、
この両国の援助に期待をかけようとした。
それを見て、犁鉏りしょという重臣がこう語ったという。


犁鉏りしょいわ

「ここに溺れかけている者がいるとします。
えつの人間は泳ぎが上手いからと言ってわざわざ助けを求めに行っても、
間に合うはずがありません。
火事が起こったとします。
海の水はいっぱいあるからといって、わざわざ引いてこようとしても、
これまた間に合いません。遠水は近火きんかすくわず、です。
しんけいはたしかに強国ですが、なにぶん遠方でございますから、
隣国のせいに攻められたときに当てにすることはできません」と。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 59,154 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析