福は微なるより生じ、禍は忽にするより生ず: 中国古典 名言に学ぶ

福は微なるより生じ、禍は忽にするより生ず

福は微なるより生じ、禍は忽にするより生ず

第六章

成功の心得

さいわいかすかなるよりしょうじ、わざわいおろそかにするよりしょう

ー福生於微、禍生於忽ー    説苑 卷一六 談叢
(説苑|ぜいえん:二十巻。前漢の劉向の撰。前賢先哲の逸話集。)

{原文}
福生於微、禍生於忽。
日夜恐懼、惟恐不卒。

{書き下し文}
さいわいかすかなるよりしょうじ、
わざわいおろそかにするよりしょうず。

日夜恐懼きょうくし、
ただおえざるをおそる。

恐懼きょうく(おそれかしこまる)

福は微なるより生じ、禍は忽にするより生ず

福は微なるより生じ、禍は忽にするより生ず

{意解}
「福」は、物質的、精神的な満足感
「微」は、些細な善行、小さな親切
それは、ほんのちょっとした心遣いによっても得られるものだという。

 しかし、今回の解釈は違う。
「福」は成功、「禍」は失敗と解する。
「成功は細事をおざなりにしないことから生まれ、
失敗は細事をおざなりにすることから生まれる。
日夜気を引き締めて、何もしないで終わることを恐れなさい。
と意解できる。

 「忽(こつ、おろそか)」は、慣れや油断から生まれる。
いつも気持ちを引き締めて仕事、生活にあたれば、
わざわい」をけることができると言っている。

成功しようと、幸せになろうと本気で努力する人には天は幸せを与えてくれる、
と信じて努力したほうがいいかも。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください