free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第六章

 

愚者は成事せいじくらく、 智者は未萌みほうに見る

 

ー愚者闇於成事、知者見於未萌ー    戦国策 趙策二
{戦国策:三十三篇。周の元王から秦の始皇帝までの戦国時代の謀臣、策士
らの活躍を各国別に編んだもの。前漢の劉向の編。}

 

{原文}
愚者闇於成事,
智者見於未萌。

 

{書き下し分}
愚者は成事せいじくらく、
智者は未萌みほうに見る。
 


 

{意解}
成事せいじくらい」とは、事態が顕著けんちょに現れてきても、
その事に気ずかないということ。
これでは、「愚者」といわれても返す言葉もない。

 
 対して、「智者」は、「未萌みほう」に見ることができる人だという。
未萌みほう」とは、「いまだきざさず」、事態が表に現れてくる前の段階。
その萌す前の段階で、動きを察知し、適切な対応を取れる人、
そんな人が「智者」だという。

 
振り返れば、「後知恵」となり、「あの時に、こうすればよかった」
「こうえば、よかった」と、後に後悔こうかいすることのなんと多いことか。
 
 思うに、「未萌みほう」に思いいたれば、今より有利に
後悔の少ない人生を辿たどれることは確かである。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 59,154 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析