愚者は成事に闇く、智者は未萌に見る|中国古典 名言に学ぶ

愚者は成事に闇く、智者は未萌に見る

愚者は成事に闇く、智者は未萌に見る

第六章

愚者は成事せいじくらく、 智者は未萌みほうに見る

ー愚者闇於成事、知者見於未萌ー    戦国策 趙策二
{戦国策:三十三篇。周の元王から秦の始皇帝までの戦国時代の謀臣、策士
らの活躍を各国別に編んだもの。前漢の劉向の編。}

{原文}
愚者闇於成事、
智者見於未萌。

{書き下し分}
愚者は成事せいじくらく、
智者は未萌みほうに見る。

愚者は成事に闇く、智者は未萌に見る

愚者は成事に闇く、智者は未萌に見る

{意解}

成事せいじくらい」とは、事態が顕著けんちょに現れてきても、その事に気ずかないということ。これでは、「愚者」といわれても返す言葉もない。

対して、「智者」は、「未萌みほう」に見ることができる人だという。未萌みほう」とは、「いまだきざさず」、事態が表に現れてくる前の段階。その萌す前の段階で、動きを察知し、適切な対応を取れる人、そんな人が「智者」だという。

振り返れば、「後知恵」となり、「あの時に、こうすればよかった」「こうえば、よかった」と、後に後悔こうかいすることのなんと多いことか。思うに、「未萌みほう」に思いいたれば、今より有利に後悔の少ない人生を辿たどれたことは確かである。

韓非子 喻老に「千丈の堤も螻蟻の穴を以って潰ゆ」とある。千丈せんじょう」とは高いことの形容。そんな堂々たる堤防ていぼうも、けらありの掘った小さな穴から崩れてしまう。ゆえに、どんな些細ささいなことでも見逃さず、早め早めに手を打ち(早期対応)、わざわい未然みぜんふせがなければならない。そんな心構えがなければ、とうてい大きな仕事を成し遂げることはできないのだと云っている。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

コメント

Copied title and URL