free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第六章

 

疑行ぎこうは名なく、疑事ぎじこうなし

 

ー疑行無名、疑事無功ー    史記 商君列傳
(史記:百三十巻。前漢の司馬遷が撰した、中国最初の通史です。
上古の黄帝から、漢の武帝までの歴史を紀伝体で記しています。)

 

{原文}
疑行無名、
疑事無功。

 

{書き下し文}
疑行ぎこうは名なく、
疑事ぎじこうなし。
 


 

{意解}
「疑行」とは、確信を欠いたあやふやな行動。
「疑事」も同じような意味。
 何事に於いても、やるからには自信を持って断行しなければならない。
あやふやな気持ちでやったのでは、名誉も得られないし成功もしないと言う。

 始皇帝の秦国は、その昔、商鞅しょうおうという宰相が国政改革を行って
富強の礎を築いた国である。

其の改革を断行した時、商鞅が王を説得したことばといわれる。
「強国を目指すなら、先例にとらわれず、風習にひきずられず、
大胆に改革を進めなければならない」と。

 ただし、商鞅はいたずらに不退転の決意だけを強調したわけではない。
この言葉からも解るように、綿密な調査と十分な準備の必要性もあわせて語っている。
なぜなら確信というのは、それがあって初めて生まれてくるものであるから。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 61,646 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,743人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools