疑行は名なく、疑事は功なし: 中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第六章

 

疑行ぎこうは名なく、疑事ぎじこうなし

ー疑行無名、疑事無功ー    史記 商君列傳
(史記:百三十巻。前漢の司馬遷が撰した、中国最初の通史です。
上古の黄帝から、漢の武帝までの歴史を紀伝体で記しています。)

{原文}
疑行無名、
疑事無功。

{書き下し文}
疑行ぎこうは名なく、
疑事ぎじこうなし。

{意解}
「疑行」とは、確信を欠いたあやふやな行動。
「疑事」も同じような意味。
 何事に於いても、やるからには自信を持って断行しなければならない。
あやふやな気持ちでやったのでは、名誉も得られないし成功もしないと言う。

 始皇帝の秦国は、その昔、商鞅しょうおうという宰相が国政改革を行って
富強の礎を築いた国である。

其の改革を断行した時、商鞅が王を説得したことばといわれる。
「強国を目指すなら、先例にとらわれず、風習にひきずられず、
大胆に改革を進めなければならない」と。

 ただし、商鞅はいたずらに不退転の決意だけを強調したわけではない。
この言葉からも解るように、綿密な調査と十分な準備の必要性もあわせて語っている。
なぜなら確信というのは、それがあって初めて生まれてくるものであるから。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、悩み相談、マネージメント、又人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと中国古典の「意解」に取り組んでます。役に立てて喜ばれる事が励みです。
カテゴリー: 成功の心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください