奇貨居くべし: 中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第六章

奇貨居きかおくべし

- 奇貨可居 -    史記 呂不韋伝
(史記:百三十巻。前漢の司馬遷が撰した、中国最初の通史です。
上古の黄帝から、漢の武帝までの歴史を紀伝体で記しています。)

{原文}
子楚、秦諸庶孽孫、質於諸侯。
車乘進用不饒、居處困、不得意。
呂不韋賈邯鄲、見而憐之曰、
奇貨可居

{書き下し文}
子楚しそしんしょ庶孽しょげつまごにして、諸侯しょこうたり。
車乗しゃじょう進用しんようゆたかならず、居處困きょしょくるしみ、ず。
呂不韋りょふい邯鄲かんたんふに、これあわれみてはく、
奇貨きかくべし、と。

子楚しそ:始皇帝の父
庶孽しょげつ:妾子
:人質
進用しんよう:生活費
奇貨きか: めずらしい品物

{意解}
「掘り出し物だ、仕入れておこう」という意味。
「このチャンス、逃してなるものか」といったニュアンスでも使われる。

 秦の始皇帝がまだ秦王の時代、その相国(宰相)として権勢をふるったのが
呂不韋りょふいという人物である。
この人物は、当時としては珍しく商人の出である。

 若い頃、たまたま商用で趙の都(邯鄲かんたん)に行った時、
子楚しそという秦の王子を見かける。
子楚は王子ではあったが妾腹しょうふくの子であった事から冷遇れいぐうされ、
趙に人質に出されていた。人質なので、暮らしぶりも楽ではない。
そんな子楚の境遇を聞いて呂不韋のもらしたのが、
この「奇貨きかくべし」であったという。

 呂不韋は全財産をはたいて子楚の擁立ようりつけ、成功させる。
ちなみに子楚の子が秦王政、後の始皇帝である。

 呂不韋のようにチャンスを見逃さず、すばやく行動に移す、
これが人生の運命を分けるようである。
(先見の明)

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

己を琢く手段を探る!

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 成功の心得 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください