彼を知り己を知れば、百戦殆うからず|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第六章

かれおのれれば、百戦ひゃくせんあやうからず

ー知彼知己、百戦不殆ー   孫子 謀攻篇
(孫子:一巻。春秋末期の呉の孫武の撰した兵法書。)

{原文}
全國爲上、破國次之。
百戰百勝、非善之善者也、
不戰而屈人之兵、善之善者也。
知彼知己、百戰不殆。
不知彼而知己、一勝一負。
不知彼不知己、毎戰必殆。

{書き下し分}
国をまっとうするをじょうし、国をやぶるはこれぐ。
百戦百勝はぜんぜんなる者にあらざるなり。
戦わずして人の兵をくつするは、ぜんぜんなる者なり。
かれを知りおのれを知れば百戦あやうからず。
かれを知らずしておのれを知るは一勝一負す。
彼を知らず己を知らざれば戦うごとあやうし。

{意解}
 有名な一文なので、とりたてて意を解する必要もないかもしれない。
何事においても、主観的、一面的に判断をしてしまうことをいましめたことばである。

 ことさらに、「孫子」にいわれなくても、事前調査の必要性、
そして自己能力の把握はあくが重要なことは誰でも理解している。が、
頭で理解していても、実行の段階になると、れがむずかしい。
事後に後悔の念にほぞをかむ事が、なんと多いことか。

その理由に、
・ 「彼」に対しての調査不足、
・ 自己能力に対しての認識不足
・ 楽観的(主観的)観測
・ 一面的な思い込み
等の理由で判断を誤ることが少なくない。

 何か事を始めるときには、可能な限り調査し、
客観的に判断する冷静さが必要だろう。

なお、負けない、失敗しないということは、
必ず勝つ・成功するということではなく、 

本当に現状を客観的に理解できれば、
けるべき時はすみやかにけ、
時機じきを見てすべき時にし、
不足している所があればそれをおぎってのちす、
ゆえに百戦してもあやうからずといきっている。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

己を琢く手段を探る!

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 成功の心得 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください