free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第六章

 

そなえをってときち、ときってことおこ

 

ー以備待時、以時興事ー    菅子 霸言第二十三
(菅子:二十四巻。春秋時代の前期、斉の桓公に仕えた宰相管仲とその門下の撰。
政治の大本は富民で、立法や布教はそれに次ぐということを説いている。)

 

{原文}
以備待時、
以時興事。

 

{書き下し文}
そなえをってときち、
ときってことおこす。
 


 

{意解}
 どんな事でも、十分な下準備をして始めなければ、事は成らない。
万全の準備で臨んでも、その善い時でなければ、失敗しかねない。
 それが「菅子」のこの言葉である。

 
「周到な準備を整え、好機を待つ。好機と見るや、すぐに行動を始める。」
昔より、秀でた指導者は皆このように行動した。ゆえに、
すばらしい成功(功績)を残したのだという。
 
 「時を待つ」、ただ何もしないで待つのではない。
十分な準備を整えながら、待つのである。
 
 すべての事に当てはまるだろう。
山あり谷ありの人生で、必ず数度のチャンスが巡ってくる。
その時(好機)に備えて、
日頃から十分に力を備え、蓄えておきたいものである。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 59,155 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析