用兵の道は心を攻むるを上となす|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第七章

 

用兵ようへいみちこころむるをじょうとなす

ー用兵之道、攻心為上ー  三国志 蜀書 馬謖伝
【三国志:六十五巻。正史の一つ。漢滅亡の後、
天下を三分した三国(魏、呉、蜀)に関する史書。五代の晋、陳寿の撰】

原文:
用兵之道、攻心為上、
攻城為下。
心戦為上、兵戦為下。

書き下し文:
用兵の道は心を攻むるを上となし、
城を攻むるを下となす。
心戦を上となし、兵戦を下となす。

意解:
「三国志 蜀書 馬謖伝ばしょくでん」の軍師、諸葛孔明しょかつこうめいが自ら軍を率いて
南方異民族の反乱を平定したとき、参謀の馬謖ばしょくに意見を求めた、
馬謖は答えて「用兵の道は、心を攻むるを上となし、城を攻めるを下となす。
願わくは公、その心を服せんのみ」
孔明も同意する。

軍を進め、一戦するや軽くこれを勝利し、
敵将の孟獲もうかくを捕えるが、孔明はせっかく捕えた孟獲を解放する。
そして又戦って、また捕え、これを七回も繰り返した。

さすがの孟獲も、心の底から服従を誓い、
以後、孔明に二度と背くことはなかったという。
七縦七擒しちしょうしちきん(七回捕えながら、七回許す)」である。
心を攻めた見事な成功例である。

武力で押さえ込んでも心服はされない。
この孔明の手法は、現代に於いてもすべての人間関係に通用するだろう。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 人と接するための心得 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください