巧言令色、鮮し仁|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第七章



 

巧言令色こうげんれいしょくすくなじん

ー巧言令色、鮮矣仁ー  論語 学而第一、陽貨第十七、公冶長第五
【論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ】

原文:
巧言令色、鮮矣仁

書き下し文:
巧言令色こうげんれいしょくすくなじん

意解:
「論語」のなかでも、もっとも有名な言葉の一つである。
たくみな弁舌べんぜつ愛想あいそうのいい顔つき、
そんな人物はおおむじんには程遠ほどとおい」と孔子は言っている。

又、公冶長第五 25でも取り上げている。

論語:公冶長第五 25
原文:
子曰、
巧言令色足恭 、左丘明恥之。
丘亦恥之。
匿怨而友其人、左丘明恥之。
丘亦恥之。

書き下し文:
子曰しいわく、
巧言こうげん令色れいしょく足恭すうきょうなるは、左丘明さきゅうめい(左伝・国語の著者)これず。
きゅう(孔子の名)もこれず。
うらみをかくしてひとともとするは、左丘明さきゅうめいこれず。
きゅうこれず。

足恭すうきょう」は、バカ丁寧ていねいなもの腰である。
左丘明さきゅうめいという人物はこの三つ(巧言こうげん令色れいしょく足恭すうきょう)のことを恥としたが、
自分もそれにはまったく同感であるというのだ。

孔子が「巧言令色こうげんれいしょく」を嫌ったのは、
対人関係における虚飾きょしょくを憎んだからであろう。
それはまた、「剛毅木訥ごうきぼくとつじんに近し」(論語:子路第十三)と
語っていることからも明らかである。


剛毅木訥ごうきぼくとつ」が最上とは言わないが、「巧言こうげん令色れいしょく足恭すうきょう」よりも
はるかにまさっていると言っている。

これは今の時代でも、自己啓発じこけいはつの「座右ざゆうめい」として
心に刻んで置きたいものである。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 人と接するための心得 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください