花発けば風雨多く、人生別離足る|中国古典 名言に学ぶ

花発けば風雨多く、人生別離足る

花発けば風雨多く、人生別離足る

第七章

花発はなひらけば風雨多ふううおおく、人生じんせい別離足べつりた

ー花発多風雨、人生足別離ー  唐詩選 勧酒
【唐詩選:七巻。唐代の詩人百二十七名の詩の選集。
明の李攀竜の選といわれているが、偽託説もある】

原文:

花発多風雨、
人生足別離。

書き下し文:

花発はなひらけば風雨多ふううおおく、
人生じんせい別離足べつりたる。

花発けば風雨多く、人生別離足る

花発けば風雨多く、人生別離足る

意解:
于武陵うぶりょうという人の「勧酒」(酒をすすむ)と題する「五行絶句ごごんぜっく」の一節。
中国の詩には、友人との別れを歌ったものが多い。
別れには酒がつきものだ。これも、そういった詩の代表的なものである。
全文を掲げると、

勘君金屈巵、 君に勧む金屈卮
満酌不須辞、 満酌辞するを須いず
花発多風雨、 花発けば風雨多し
人生足別離。 人生別離足る

*井伏鱒二と「サヨナラだけが人生だ」(勧酒)

和訳(直訳)    (井伏鱒二の名訳) 
 君に この金色の大きな杯を勧める   コノサカヅキヲ受ケテクレ
 なみなみと注いだこの酒 遠慮はしないでくれ  ドウゾナミナミツガシテオクレ
 花が咲くと 雨が降ったり風が吹いたりするものだ   ハナニアラシノタトヘモアルゾ
 人生に 別離はつきものだよ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ

ちなみに「金屈巵きんくつし」は金のさかずき、「足る」は多いという意味。
満酌辞まんしゃくじするをもちいず」なみなみと注ぐが、遠慮はいらない。
「花には嵐、人には別れ」、とかくままならないのが浮世の常だ。
せめてこうして会っているときだけでも、
お互い杯をげてかんを尽くそうではないか、というもの。

漢書 蘇武伝にも「人生は朝露の如し」とある。人生は儚く短いことを嘆いたことばである。同じように「三国志|曹操の短歌行」に「さけたいしてはまさうたうべし 人生じんせい 幾何いくばくぞ、たとえばちょうごとし 去日きょじつ はなはおおし」と詠っている。短い人生、もっと楽な生き方をしてはどうかとすすめている。

参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

コメント

Copied title and URL