free web hit counter

 

Blog

Pocket


卑譲ひじょうとくもとなり

 

ー卑譲徳之基也ー  左伝(春秋左氏伝 文公元年)
【左伝:三十巻。「春秋左氏伝」の略。魯の左丘明の撰と伝えられている。
「春秋」の注釈書で「左氏伝」ともいう。十三経の一つ】

 

原文:
卑譲徳之基也

 

書き下し文:
卑譲ひじょうとくもとなり
 


 

意解:
とく」とは、「立派な人格」と辞書にある。
この「立派な人格」の基本は、「左伝」では、「卑譲ひじょう」だと言っている。

」は いやしい、自分を相手よりも低い所に身を置き
相手を立てること。

じょう」は ゆずる、自分は相手より一歩も二歩も後ろへ退さがって
相手に道をゆずること。

卑譲ひじょう」とは「謙虚けんきょさ」であり、これが「とく」の基本だと言っている。

みのるほどこうべれる稲穂いなほかな」と日本のことわざもある。

卑譲ひじょう謙虚けんきょさ」は皆に必要とされる「とく」ですが、
人の上に立つ人物には、特に求められる徳だろう。

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析