卑譲は徳の基なり|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第七章



 

卑譲ひじょうとくもとなり

ー卑譲徳之基也ー  左伝(春秋左氏伝 文公元年)
【左伝:三十巻。「春秋左氏伝」の略。魯の左丘明の撰と伝えられている。
「春秋」の注釈書で「左氏伝」ともいう。十三経の一つ】

原文:
卑譲徳之基也

書き下し文:
卑譲ひじょうとくもとなり

意解:
とく」とは、「立派な人格」と辞書にある。
この「立派な人格」の基本は、「左伝」では、「卑譲ひじょう」だと言っている。

」は いやしい、自分を相手よりも低い所に身を置き
相手を立てること。

じょう」は ゆずる、自分は相手より一歩も二歩も後ろへ退さがって
相手に道をゆずること。

卑譲ひじょう」とは「謙虚けんきょさ」であり、これが「とく」の基本だと言っている。

みのるほどこうべれる稲穂いなほかな」と日本のことわざもある。

卑譲ひじょう謙虚けんきょさ」は皆に必要とされる「とく」ですが、
人の上に立つ人物には、特に求められる徳だろう。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 人と接するための心得 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください