卑譲は徳の基なり|中国古典 名言に学ぶ

卑譲は徳の基なり

卑譲は徳の基なり

第七章

卑譲ひじょうとくもとなり

ー卑譲徳之基也ー  左伝(春秋左氏伝 文公元年)
【左伝:三十巻。「春秋左氏伝」の略。魯の左丘明の撰と伝えられている。
「春秋」の注釈書で「左氏伝」ともいう。十三経の一つ】

原文:
卑譲徳之基也

書き下し文:
卑譲ひじょうとくもとなり

卑譲は徳の基なり

卑譲は徳の基なり




意解:
とく」とは、「立派な人格」と辞書にある。
この「立派な人格」の基本は、「左伝」では、「卑譲ひじょう」だと言っている。
」は いやしい、自分を相手よりも低い所に身を置き相手を立てること。
じょう」は ゆずる、自分は相手より一歩も二歩も後ろへ退さがって相手に道をゆずること。
卑譲ひじょう」とは「謙虚けんきょさ」であり、これが「とく」の基本だと言っている。

みのるほどこうべれる稲穂いなほかな」と日本のことわざもある。「卑譲ひじょう謙虚けんきょさ」は皆に必要とされる「とく」ですが、人の上に立つ人物には、特に求められる徳だろう。

孟子(孟軻もうか)の根本思想「性善説」にある「四端したんとく」では
【辞譲の心は礼の端なり 譲り合いの心】と表現している。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

私たちは、日々、何をするにしても、大なり小なり決断(選択)をしています。その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」が一助のなればと思います。愛犬の健康改善にと思い調査した「果物・野菜の能力!愛犬の医療費削減に繋がる効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の参考になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: ナオンの言葉の散歩道 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください