壹貴壹賎、交情すなわち見わる|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第七章

壹貴壹賎いつきいつせん交情こうじょうすなわちあらわる

ー壹貴壹賎、交情乃見ー  史記 第十巻
【史記:百三十巻。前漢の司馬遷が撰した、中国最初の通史。
上古の黄帝から、漢の武帝までの歴史を紀伝体で記されている】

原文:
下邽翟公為有言、始翟公為廷尉、賓客填門。
及廃、門外可設雀羅。
翟公復為廷尉、賓客欲往、翟公乃人署其門曰、
「壹死壹生、乃知交情。壹貧壹富、乃知交態。
壹貴壹賤、交情乃見。

書き下し文:
下邽かけい翟公てきこう有言ゆうげんす、はじめ翟公てきこう廷尉ていいり、賓客ひんかくもんうずまる。
及廃きゅうはいするや、門外に雀羅じゃくらせつべし。
翟公廷尉てきこうていいふくり、賓客ひんかく欲往ゆうおう翟公てきこうもんしるしていわく、
壹死壹生いつしいつせいすなわち交情こうじょうり。壹貧壹富いつひんいつふすなわち交態こうたいり。
壹貴壹賎いつきいつせん交情こうじょうすなわちあらわる。」

意解:

下邽かけい(陝西省)の翟公てきこうはこう言っている、
はじめ翟公てきこう廷尉ていい(検事総長)であったとき、
おしかけてきた賓客ひんかくが門に満ちた。
免職めんしょくされると、門外に雀羅じゃくら(かすみあみ)をはりうるほどに
人の出入りがなくなった。
ふたたび廷尉ていいになると、また賓客ひんかくがおしかけようとした。
そこで翟公てきこうはその門にしるした。

壹死壹生いつしいつせいすなわち交情こうじょうり。壹貧壹富いつひんいつふすなわち交態こうたいり。
壹貴壹賎いつきいつせん交情こうじょうすなわちあらわる。」

人の付き合いが生死せいし貧富ひんぷ貴賤きせんの変化につれて、
ガラリと変わることを皮肉った言葉である。

現代でも同じで、好調なときは人も寄ってくるが、
落ち目になると、人の足も途絶えてしまう。

やるせない気持ちではあるが、それが現実である。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 人と接するための心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください