天を楽しみ、命を知る、故に憂えず|中国古典 名言に学ぶ

天を楽しみ、命を知る、故に憂えず

天を楽しみ、命を知る、故に憂えず

第五章

てんを楽しみ、めいを知る、ゆえうれえず

ー楽天知命、故不憂ー  易経 繋辞上伝 第四章
(「易」「周易」ともいう。五経の一つ。卜筮ぼくぜいの法によって、
倫理道徳を説いたもの。「十翼」からなり、十翼は孔子の編と伝えられる。
繋辞上伝は易経の中核となすもので、易経の概論を哲学として高め、解説したもの。)

{原文}
與天地相似。故不違。
知周乎萬物而道濟天下。
故不過。旁行而不流。
樂天知命。故不憂。
安土敦乎仁。故能愛。

{書き下し文}
天地と相似あいにたり、ゆえたがはず。
萬物ばんぶつあまねくして、道、天下をすくふ。
ゆえあやまたず。旁行ぼうこうして流れず。
てんを楽しみめいを知る。故にうれえず。
やすんじじんあつし。ゆえく愛す。

天を楽しみ、命を知る、故に憂えず

天を楽しみ、命を知る、故に憂えず

{意解}

えきは天地宇宙の変化をそのまま映したものである。それゆえ易の法則には過ちがない。
易を含む智慧は天地宇宙を網羅しているから、易の道は天下を救うことができる。
それゆえ易と天地宇宙は一体である。易は真理で広くゆきわたるがさまよわずと云う。

天地宇宙の変化を楽しみ、己の使命(天命)を自覚し受容する、ゆえに目先の現象に一喜一憂しない。

(天に対する地のこと)自分の境遇に安んじて思いやりの心に満ちていれば、広く隣人りんじんを愛することができると説く。

 「てん」と「めい」を合わせると「天命」である。辞海じかい」で「命」は「天命なり。あんずるに古人はつねに、人道は天道に基づき、人の禍福かふく窮通きゅうつう夭寿ようじゅは皆天の支配する所という」とある。

 昔から中国人は、人間社会のもろもろの現象は、天の意思の見えない糸によって支配されていると考えてきた。それが「天命」であり、「命」である。故に「命」を自覚することによって、達観たっかんとか諦念ていねんが生まれ、さらに進めばさとりの境地に近づいていく。
ゆえうれえず」━━━━!!変にジタバタしないということになる。

 逆境ぎゃっきょうおちいったとき、最もまずいのは、ジタバタすることである。いわゆる悪あがきである。単に見苦しい醜態をさらすばかりでなく、これで一層事態を悪化させることが多い。
「天を楽しみ、命を知る」者の強みは、こういう時に発揮されるのかもしれない。

 この「易経 繋辞上伝 第十二章」の後半に記されている
「是故形而上者。謂之道。形而下者。謂之器。」
(形而上なるもの。これを道といい。形而下なるもの。これを器という)
の一文が「形而上学」の語源といわれているようです。

朱子学に「朱子家訓!大義名分論を重視し、上下の秩序を重んじる」がある。自己と社会、自己と宇宙は、“理”という普遍的原理を通して結ばれ、理への回復を通して社会秩序は保たれるとした。なお朱熹の言う“理”とは、「理とは形而上のもの、気は形而下のものであって、まったく別の二物であるが、たがいに単独で存在することができず、両者は“不離不雑”の関係である」とする。 また、「気が運動性をもち、理はその規範・法則であり、気の運動に秩序を与える」とする。この理を究明することを「窮理きゅうり」とよび、朱熹の学風は 「できるだけ多くの知識を仕入れ、取捨選択しゅしゃせんたくして体系化する」というものであり、極めて理論的であったため、後に「非実践的」「非独創的」と批判された。私的に非常に難しい。

*達観:全体の情勢や将来をよく見通すこと。
*諦念:道理をさとる心。
さとり:心の迷いが解けて真理を会得すること。
*形而上:形のないもの、形を超えたもの。
*形而下:形があるもの。 物質的なもの。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

コメント

Copied title and URL