人主の逆鱗に嬰るるなくんば則ち幾し|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

第七章

 

しゅ逆鱗げきりんるるなくんばすなわちか

ー無嬰人主之逆鱗則幾ー  韓非子 説難
【韓非子:二十五巻五十五篇。戦国時代の韓非の撰。
先秦時代の法家の学を集大成し、それに韓非の考えを加えたもの。
はじめ「韓子」と称したが、宋以後、唐の韓愈と区別するため「非」の字を加えたもの】

原文:
夫龍之為蟲也、柔可狎而騎也、
然其喉下有逆鱗径尺、
若人有嬰之者、則必殺人。
人主亦有逆鱗。
説者能無嬰人主之逆鱗、則幾矣

書き下し文:
りゅうむしるや、じゅうなるときはれてるべきなり。
しかれども喉下こうか逆鱗げきりん径尺けいしゃくなるり、
人之ひとこれるる者有ものあらば、すなわかならひところす。
人主じんしゅ逆鱗有げきりんあり。
説者せつしゃ人主じんしゅ逆鱗げきりんるることくば、すなわちかからん。

説者せつしゃ:説を述べる人

意解:
「竜という動物は、らせば、人が乗れるほどおとなしい。
だが、喉の下に直径一尺ほどのうろこが逆さまに生えていて、
これに触れようものなら、必ず人を噛み殺す。

人のトップにもこの逆鱗がある。
それに触れないように話すのが説得の極意である。」

「韓非子」は、トップを説得する極意を語る中で、
「トップを説得することの難しさとは、相手の心を読み取った上で、
こちらの意見をそれに当てはめる。それが説得の極意である」と言っている。

人のトップだけではなく、人間は誰でも逆鱗げきりんのようなものを持っている。
それに触れないように心がけることが人間関係を円滑にする極意なのかもしれない。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、悩み相談、マネージメント、又人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと中国古典の「意解」に取り組んでます。役に立てて喜ばれる事が励みです。
カテゴリー: 人と接するための心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください