PR

一隅を守りて、万方を遺る|中国古典 名言に学ぶ

一隅を守りて、万方を遺る

一隅を守りて、万方を遺る

第八章

一隅いちぐうまもりて、万方ばんぽうわす

ー守一隅而遺万方ー  淮南子 泰族訓
淮南子えなんじ:二十一巻。前漢の淮南王劉安が幕下の学者に命じて、
おのおのの専門について講論させて作った書】

原文:
守一隅而遺萬方
取一物而棄其餘、
則所得者鮮矣、
而所治者淺矣。

書き下し文:
一隅いちぐうまもりて、万方ばんぽうわする、
一物いちぶつりてあまりつ、
すなわるところすくなし、
しかるにおさめるところあさし。

一隅を守りて、万方を遺る

一隅を守りて、万方を遺る




意解:

一隅いちぐう」とは、四隅よすみのうちの一隅ひとすみ、「万方ばんぽう」とは四方であり、この場合は、一隅に片寄らない大局的な判断の意味である。よってこの言葉の意味は「一隅を守っていて、大局的な判断を忘れてしまう」ということになる。治める者(リーダー)は、こうあってはならないということである。

管理職の場合、課長なら課長の責務、部長なら部長の責務をきちんと果たす。これが「一隅を守る」である。しかし、それだけではまだ十分ではない。全社的な視野に立っての責務を果たすことが望まれるのである。

経営のトップについても同じことが言える。自分の会社の利益だけを追求しているようでは、失格である。自分の会社の利益を追求するにしても、できるだけそれを社会の利益と一致させることが望まれる。
そう警告しているのが、「淮南子 泰族訓」のこの言葉である。

史記 扁鵲倉公列伝に「管を以って天を窺う」とある。狭い見識を基準にして、大きな問題について自己流の判断を下すたとえで、視野の狭さを笑った言葉である。この故事こじかんもって天をうかがう」だが、視野が狭くなるのは、大抵自分が属する組織のなかに埋没まいぼつしているからだと説く。 そうならないためには,普段から別の組織や異業種いぎょうしゅの人間と積極的に交流し合うべきだろう。異業種交流も重要に思える。

*参考資料:中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

タイトルとURLをコピーしました