寬にして畏れられ、厳にして愛せらる|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第八章


かんにしておそれられ、げんにしてあいせらる

ー寬而見畏、厳而見愛ー  宋名臣言行録
【宋名臣言行録:二十四巻。前集十巻、後集十四巻は南宋の朱熹の撰。
続集八巻、別集二十六巻、外集十七巻は李幼武の補。宋代名臣の言行を集めたもの】

原文:
寬而見畏、
厳而見愛。

書き下し文:
かんにしておそれられ、
げんにしてあいせらる。

意解:
組織管理のコツは、「厳」と「寛」のバランスをとることにあるといわれる。

げん」とは、きびしい態度、賞罰しょうばつ厳格げんかくにすることである。
だが、「厳」一点張りで望むと、命令に従わせることはできても、
心服はされない。そこで必要になるのが、「寛」である。
「寛」とは、寛容な態度。温情主義と言ってもよい。

しかし、「寬」のみで事に臨むと、組織の中に緊張感が失われ、
共依存になりやすい。
そうならないためには、「厳」の要素が必要とされる。

「寬」で臨むと愛され、「厳」で臨むとおそれられるのが普通である。
だが、それではまだ低いレべルで、その逆「かんにしておそれられ、げんにしてあいせらる」
が理想なのだという。

時代が変わっても、指導者(リーダー)はこのレベルを目指して
努力するべきだと言っている。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

人生は楽しむためにある。楽しみなくして、なんの人生ぞや!

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください