人道は盈を悪みて謙を好む|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第八章


人道じんどうえいにくみてけんこの

ー人道悪盈而好謙ー  易経 艮下坤上 地山謙
【易経:「易」または「周易」ともいう。五経の一つ。
卜筮(ぼくぜい)の法によって、倫理道徳を説いたもの。
上下の「経」と、その注釈篇である。
「十翼」からなり、十翼は孔子の編と伝えられている】

原文:
天道虧盈而益謙、
地道變盈而流謙。
鬼神害盈而福謙、
人道惡盈而好謙。

書き下し文:
天道てんどうえいきてけんえきし、
地道ちどうえいへんじてけんき、
鬼神きしんえいがいしてけんさいわいし、
人道じんどうえいにくみてけんこのむ。

意解:
えい」のもとの意味は「満つる」で、満ち足りた状態、上りつめた状態をいう。
ここでの「えい」は更にそれから派生して驕慢きょうまんとか傲慢ごうまんという意味で使われている。

けん」は、謙虚けんきょ謙遜けんそんといった意味。
したがってこの言葉は、「驕慢きょうまんを憎んで謙虚けんきょを好むのが人の道だ」となる。
「謙を好む」のは人の道だけではないらしい。
「易経」はこう語っている。

天道てんどうえいきてけんえきし、地道ちどうえいへんじてけんき、
鬼神きしんえいがいしてけんさいわいす」
また、こうも語っている。
「謙虚な心はおのずと言動に現れる。この心を失うことがなければ、吉」
「すべてに謙虚な心で処するならば、法度はつとにたがうことなく、万事順調である」

まさに、「謙」なる者は幸いなるかなだ。
世に処するにはすべからく「謙」を旨としたいものだが、
とくに人の上に立つ者ほど、これを忘れてはならない。

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

人生は楽しむためにある。楽しみなくして、なんの人生ぞや!

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: リーダーの心得 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください