free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第一章

 


知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ

 

ー智者楽水、仁者楽山ー   論語 雍也第六の二十三
{論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。}

 

{原文}
子曰、
知者樂水、仁者樂山。
知者動、仁者静。
知者樂、仁者壽。

{書き下し文}
子曰わく、
知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ。
知者は動き、仁者は静かなり。
知者は楽しみ、仁者はいのちながし。
 


 


{意解}  

 孔子は「知者は動き、仁者は静かなり」と
動と静の対象に求めている。
 「水」は「不尽ふじんの長江、滾滾こんこんとして来たる」 (杜甫とほの詩/詩聖)
とあるように 日々流れ続ける河である。  

知者もこれと同じで 智謀ちぼうは次々と湧き出して、尽きず その行動も、
世の中の情勢に応じて自在に変化する。  
「山」は「動かざること山の如し」 (孫子)と 動かざるものの形容である。
仁者も又 世俗的な物事に拘らず
自分の内面世界を守り 少しも動じない。  

知者は水、仁者は山と 形容しているのである。

 

不尽ふじん:尽きることのない
滾滾こんこん:尽きることなく盛んにわき出るさま

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 59,155 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析