知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ|中国古典 名言に学ぶ

知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ

知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ

第一章

知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ

ー智者楽水、仁者楽山ー   論語 雍也第六の二十三
{論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。}

{原文}
子曰、
知者樂水、仁者樂山。
知者動、仁者静。
知者樂、仁者壽。

{書き下し文}
子曰わく、
知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ。
知者は動き、仁者は静かなり。
知者は楽しみ、仁者はいのちながし。

知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ

知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ





{意解}  

 孔子は「知者は動き、仁者は静かなり」と動と静の対象に求めている。
「水」はすさまじいエネルギーをめているが、その形はきわめて柔軟じゅうなんである。水には一定の形もなく、知者もこれと同じで 智謀ちぼうは次々と湧き出して尽きず、 その行動も世の中の情勢に応じて自在に変化する。現代の人の生き方にも参考になる面と言えるかもしれない。

「山」は「動かざること山の如し」 (孫子)と 動かざるものの形容である。仁者も又 世俗的な物事に拘らず自分の内面世界を守り 少しも動じない。知者は水、仁者は山と 形容しているのである。

孫子 軍争篇に「疾きこと風の如く、徐なること林の如く」とある。軍隊は敵の裏をかくことが基本であり、利益のある無しに従って行動し、分散したり集合したりしながら柔軟に陣形を変える。風のように素早く進軍し、林のように冷静沈着を保ち、火のように激しく攻め込み、山のように泰然自若と動揺することなく堅く守る、わが戦術の知り難いことは暗闇のように何もわからず、行動を起こす時は雷の物をふるわすようにすばやく威圧する。

不尽ふじん:尽きることのない
滾滾こんこん:尽きることなく盛んにわき出るさま

参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

私たちは、日々、何をするにしても、大なり小なり決断(選択)をしています。その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」が一助のなればと思います。愛犬の健康改善にと思い調査した「果物・野菜の能力!愛犬の医療費削減に繋がる効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の参考になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: 大きく生きる タグ: , , , パーマリンク

コメントいただければ嬉しいです

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください