free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第一章

 

じんゆう三者さんしゃ天下てんか達徳たつとくなり

 

ー智仁勇三者天下之達徳也ー    中庸
(中庸:もと「礼記」中の一篇であったが、後に四書の一つに数えられた。
孔子の孫の子思の撰と伝えられている。)

 

{原文}
智仁勇三者天下之達徳也

 

{書き下し文}
智、仁、勇の三者は天下の達徳なり
 


 

{意解}
「達徳」とは、徳の中の徳。
とりわけ重要な徳といった意味です。
徳は幾つもの要素から成り立っていて、
そのなかでも、とりわけ重要なのが、
智、仁、勇の三つだといいます。

まず第一の「」とは、
1、深い読みのできる能力
2、ものごとを適切に処理できる能力
この二つの複合のうえに形成されます。

つぎの「」とは、
相手の気持ちや立場に立って考えてあげること。
つまりは思いやり。
むろん、その前提として、
「我も人なり、彼も人なり」という人間的共感が必要。

」とは勇気。
決断力といってもよいかもしれません。
進むにせよ退くにせよ、決断すべきときに、
きちんと決断できる能力、それが「勇」。

してみると、この三つの徳は、
きびしい現実を生きていくうえで、
必要不可欠なものであると思われる。

 

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 61,646 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,743人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析

Ninja Tools