free web hit counter

 

Blog

Pocket

ぎたるはなおおよばざるがごと

 

ー過猶不及ー   論語 先進第十一 15
(論語:十巻二十編。孔子や孔子の門弟の言行を記したもの。
儒家の聖典とされている。四書の一つ。)

 

{原文}

子貢問。師與商也孰賢。
子曰。師也過。商也不及。
曰。然則師愈與。
子曰。過猶不及

 

{書き下し文}

こうう、しょういずれかまされる。
わく、ぎたり。しょうおよばず。
わく、しからばすなわまされるか。
わく、ぎたるはなおおよばざるがごとし。

子張しちょう
しょう子夏しか

 

{意解}
孔子の弟子に子貢しこうという人物がいた。
頭が切れるうえに弁も立ち、
実業家としても立派な成功を収めている。
この人は人物評も好んだらしい。
あるとき、若い弟子の子張と子夏をサカナにして、孔子の意見を求めた。

 
「子張と子夏とでは、どちらがすぐれているでしょうか」
孔子が答えるには、
「子張は度が過ぎている。氏夏は度が足りない」
子張はお先走りの傾向があり、子夏は引っ込み思案な性格であったらしい。
孔子はそれを言ったのである。

 
子貢が、「では、子張のほうが優れているわけですね」と念を押したところ、
孔子は答えたという。

 
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」と。
 
 過ぎてもいけない、足りなくてもいけない。
バランスのとれた人間像が理想的だと、
孔子は言っているのである。  

 
何事においても、礼を尽くすことは必要であるが、
度が過ぎると、悪意に受け取られることもある。
 
「礼も過ぎれば無礼になる」
言行には中庸ちゅうようを心がけたいものである。

 
中庸ちゅうよう:片寄らず中正なこと

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。


 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析