心ここにあらざれば、視れども見えず|中国古典 名言に学ぶ

Pocket
Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加

 

第二章

心ここにあらざれば、れどもえず

ー心不在焉、視而不見、ー  大学 伝七章
【大学:一巻。もと「礼記」中の一篇であったが、宋代以降、
単行本として独立し、朱熹がこれを四書の一としたことから、
特に広く読まれるようになった】

原文:
心不在焉、
視而不見、

聽而不聞、
食而不知其味。
此謂脩身在正其心。

書き下し文:
心ここにあらざれば、
れどもえず、
けどもこえず、
らえどもそのあじらず。
これ、身を修むるはその心を正すにあり。

意解:
うわのそらであったなら、ものを見ていても見えておらず、
聞こえていても聞こえておらず、食べてもその味がわからない。
それらを受け止める五感は、ほんとうは心の働きである。

大学 伝七章は、心にこそ感受性の源があり、心が作用しなければ、
自分が向き合う対象の意味を理解することも判断することもできないと言っている。

*参考資料:大学 伝七章

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

人生は楽しむためにある。楽しみなくして、なんの人生ぞや!

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください