辞譲の心は礼の端なり|中国古典 名言に学ぶ

辞譲の心は礼の端なり

辞譲の心は礼の端なり

第二章


辞譲じじょうこころれいたんなり


ー辞譲之心、礼之端也ー   孟子 公孫丑章句上6
孟子もうし:七編。戦国中期の儒家孟軻もうかの言行や学説を編集したもの。
性善説や王道論は有名。四書の一つ。)

{原文}
惻隱之心、仁之端也。
羞惡之心、義之端也。
辞譲之心、禮之端也。
是非之心、智之端也。
惻隱・羞惡・辭讓・是非、情也。仁・義・禮・智、性也。
心、統性情者也。端、緒也。
因其情之發、而性之本然可得而見。
猶有物在中、而緒見於外也。

{書き下し文}
惻隱そくいんの心は、じんたんなり。
羞惡しゅうおの心は、たんなり。
辞譲じじょうの心は、れいたんなり。
是非ぜひの心は、たんなり。

惻隱そくいん羞惡しゅうお辭讓じじょう是非ぜひじょうなり。じんれいしょうなり。
心は性情をぶる者なり。たんいとぐちなり。
なさけはつするにりて、さが本然ほんぜんし。
猶物なおもりてなかり、いとぐちそとあらわるるがごときなり。

辞譲の心は礼の端なり

辞譲の心は礼の端なり




{意解}
孟子(孟軻もうか)の根本思想「性善説」にある「四端したんせつ」の一つである。

人の手足のように、 人には生まれながらにして
惻隠そくいんの心
羞悪しゅうおの心
辞譲じじょうの心
是非ぜひの心
の 四つの心が備わっており
そこから じんれい が芽生めばえるのだという。

一、惻隠の心は仁の端なり 他人に対する親愛の情、優しき心
一、羞悪の心は義の端なり 悪を恥じ憎む心
一、辞譲の心は礼の端なり 譲り合いの心
一、是非の心は智の端なり    善悪を判断する心 

人に生まれながらに備わる「四端」を昇華しょうかできれば
人はだれでも尊敬に値する人物になれるのだという。

孟子 離婁上 十一にも「道は邇きに在り、而るにこれを遠きに求む」とある。人の道は、身近な日常生活のうちにある。それを忘れて、人はややもすれば わざわざ高遠のところに道を求めようとする。親を親愛し、年長者を尊敬することそれが人の道である。と云う。

参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

ナオン について

私たちは、日々、何をするにしても、大なり小なり決断(選択)をしています。その折々に思い出し、より善い選択(決断)ができるように「中国古典 名言に学ぶ ナオンの言葉の散歩道」が一助のなればと思います。愛犬の健康改善にと思い調査した「果物・野菜の能力!愛犬の医療費削減に繋がる効能効果を徹底解説!」を公開しています。医療費削減と愛犬の健康維持の参考になればと思います。覗いて視て頂ければ嬉しいです。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントいただければ嬉しいです

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください