free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

第二章

 


知者はこれに過ぎ、愚者は及ばず

 

ー知者過之、愚者不及也ー   中庸
(中庸:もと「礼記」中の一篇であったが、後に四書の一つに数えられた。
孔子の孫の子思の撰と伝えられている。)

 

{原文}
知者過之、
愚者不及也。

 

{書き下し文}
知者はこれに過ぎ、
愚者は及ばず。

 


 

{意解}  
「中庸」の美徳を語った言葉である。
「中庸」とは、物の見方も行動も、一方に偏らないこと、
ほどよくバランスがとれている、
「大きく偏らない考えや判断に宿っている徳」という意味である。  
 
知者も愚者も、方向こそちがえ、共にこの「中庸」に反しがちだという。
 
 なぜ知者は過ぎるのか。
探究心が旺盛なので、肝心なことはそっちのけで、
つまらぬことをほじくりかえす傾向があるからだという。
 
 これとは逆に、愚者は理解のレベルが低いので、
とかく及ばぬ傾向が強いのだという。  
 
ただ、「過不及かふきゅう」のないこと、
全体を足して割った 平均値を指しているわけではない。
中庸の「中」は『かたよらないこと』、
「庸」は『普通・凡庸ぼんようであること』を意味するが、

儒教の倫理規範の最高概念である中庸ちゅうようには
その場における最善の選択』 という意味も込められている。
 
 「論語」にも
子曰、
中庸之爲徳也、
其至矣乎、
民鮮久矣。
 
子曰く、
中庸の徳たるや、
いたれるかな、
すくなきことひさし。
 
中庸の徳とは、最も素晴らしい徳である。
しかし、一般の人々の行いに表れなくなって久しい。と。
 
備考: 
 中者不倚而中節之名也。知者過愚者不及、中庸之不能行也。
能中庸、則喜怒哀楽及家国天下之用、 皆可中節。 中者天下之大本也。
ちゆうかたよらずしてせつあたるの名なり。
知者は過ぎ愚者は及ばざるは、中庸のおこなはれざればなり。
中庸を能くすれば、則ち喜怒哀楽、及び家国天下かこくてんかの用、
皆なせつあたし。
中は天下の大本たいほんなり。

 
ー その場における最善の選択 ー 

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログ統計情報

  • 59,155 アクセス

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8,985人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析