苦中の苦を受けざれば、人の上の人たること難し|中国古典 名言に学ぶ

苦中の苦を受けざれば、人の上の人たること難し

苦中の苦を受けざれば、人の上の人たること難し

第二章

自己を高める

苦中くちゅうけざれば、ひとうえひとたることかた

ー不受苦中苦、難為人上人ー   通俗編
(通俗編:三十八巻。清の擢項の撰。日常使っている語を集めて分類し、
その出処を明示したもの。天文・地理・時序以下三十六類に分けている。)

{原文}
不受苦中苦、
難為人上人。

{書き下し文}
苦中くちゅうけざれば、
人の上の人たることかたし。

苦中の苦を受けざれば、人の上の人たること難し

苦中の苦を受けざれば、人の上の人たること難し

{意解}
苦中くちゅう」すなわち極限状態の苦労を体験した人物でなければ、
人の上に立つ資格がないというのだ。  

そういう体験をすれば、 その体験から、人の苦悶くもん苦悩くのう不遇ふぐうも理解できるし、
人を見る目もれてくる、逆境に耐えるたくましさも身についてくる。
こういう人物は 上に立つ、云々うんぬん以前の 人としての畏敬いけいに値する。

艱難辛苦かんなんしんくなんじたまにす」 人は困難や苦労を乗り越えることによって、初めて立派な人間に成長する。苦中くちゅう」も 「艱難かんなんなんじたまにす」 を心に抱けばいっこうに苦にならないかもしれない。

しかし、菜根譚 前集 56項に「書を読みて聖賢を見ざれば、鉛槧の傭たり」とある。
古人の書物を読んで、字句の解釈だけで聖賢の心に触れなければ、それは単なる文字のやとわれ者にすぎない、と言っている。己に落とし込む事が必要だろう。

畏敬いけい:心から服しうやまうこと

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください