温温たる恭人はこれ徳の基なり|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第二章



 


温温おんおんたる恭人きょうじんはこれとくもとなり

ー温温恭人維徳之基也ー   詩経
(詩経:中国最古の詩集。周初から春秋時代中ごろまでの詩を集めている。
現存するものは三百五篇。五経の一つで、初めは単に「詩」といったが、
宋代以降「詩経」と呼ばれるようになった。)

{原文}
温温恭人、
維徳之基也。


{書き下し文}
温温おんおんたる恭人きょうじん
これとくもとなり。


{意解}

 「温温おんおん」はおだやか、柔和にゅうわ。「恭人きょうじん」は自分に対しては、つつしみ深く、
人に対してはうやうやしいこと。 それが「とくもと」だという。  
これは「詩経」の中の一詩である。
初めは単に「詩」であったが、
宋代以降「詩経」と呼ばれるようになった。  
人は、誰しも人の優しさ、暖かさにかれ、
人の冷たさ、きびしさ、傲慢ごうまんさは近づく人をも遠ざけてしまう。  

 孔子は弟子の「一語で、一生それを守っておれば
間違いのない人生が送れる、 そうゆう言葉はありましょうか」の問いに
じょか」と答えている。  

他を受け入れ、認め、許し、その気持ちを思いやる、
自分のことと同じように人のことを考える。
それが「じょ」が現す価値である。

そう語る孔子に「きょうなればすなわあなどれず」と言わしめている「きょう」も
重要なキーなのかもしれない。 そして、
 「詩」から「詩経」へと呼ばれるようになった所以ゆえんかもしれない。

*参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

 

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください