free web hit counter

 

Blog

Pocket

 



いてたるはなり、もくしてたるもなり

 

ー言而当知也、默而当知也ー   荀子
(荀子:二十巻。戦国時代末期の学者、荀況の書。荀況は孟子に次ぐ大儒。
孟子の性善説に対して、荀況は性悪説を唱えた。)

 

{原文}
言而当知也、
默而当知也。

 

{書き下し文}
いてたるはなり、
もくしてたるもなり。

 

{意解}  
発言して核心をく、これは「」である。
沈黙ちんもくによって核心をく、これも「」に他ならない。

「荀子」はさらに語って
「多弁だが、発言のひとつひとつがツボを外さない。
これは聖人である。
寡黙かもくだが、発言すれば全て法に合致がっちする。
これは君子である。  
これに対し、多弁たべんであれ寡黙かもくであれ、
言うことがでたらめなのは、小人である。」

 「もくするを知るは 言うを知るが如し」
沈黙の意義を知ることは、発言の意義を知ること、と言う。  
沈黙によって意思を表明することも、 同じくらい重要なのだと。  

沈黙の効果、これを知る者は強いということだろう。
発言することは必要であるが、 取るに足らないことを主張するよりは、
沈黙を守ったほうが遥かに説得効果の高いこともありうるのである。
 
多言は一黙に如かず(多弁よりも黙っていた方が、かえって気持ちを強く伝えるものである)  
黙如雷もくらいのごとし(黙って静かにしているだけで、百雷のような力や影響力があること)

身近なことでは、 人生を、経験を、積み重ねてこなければ
見えてこない 感覚がある。

あの人のそばにいるだけで心がいやされる、
黙って話を聞いてもらえるだけで安心できる、
自分が迷っている時にそっと背中を押してもらえる、
あなたのまわりにも、 黙して包み込んでくれる、
そんな人がいるものである。

 


*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。


 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

 

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,025人の購読者に加わりましょう

最近の投稿

アクセス解析