その復びすべからざるを為にせば、則ち事敗るること寡し|中国古典 名言に学ぶ

Pocket

 

第二章



そのふたたびすべからざるをためにせば、すなわち事やぶるることすくな

ー為其不可復者也、則事寡敗矣ー   韓非子
{韓非子:二十五巻五十五篇。戦国時代の韓非の撰。
先秦時代の法家の学を集大成し、それに韓非の考えを加えたもの。
はじめ「韓子」と称したが、宋以後、
唐の韓愈と区別するため「非」の字を加えたもの。}

{原文}
桓赫日、「刻削之道、
鼻莫如大、 目莫如小。
鼻大可小、小不可大也。
目小可大、大不可小也。
挙事亦然。
為其不可復者也、
則事寡敗矣。」

{書き下し文}  
桓赫かんかくいわく、「刻削こくさくの道は、
鼻は大なるにくはなく、 目は小なるにくはなし。
鼻大なるは小にすべきも、小なるは大にすべからず。
目小なるは大にすべきも、大なるは小にすべからず。
事をぐるもまたしかり。
そのふたたびすべからざるをためにせば、
すなわ事敗ことやぶるることすくなし。

{意解}
「韓非子」のなかで、桓赫かんかくという人物が語っている。  

「彫刻をするときは、
鼻はできるだけ大きく、 目はなるべく小さくとってから始めたほうが良い。
なぜなら、大きな鼻は小さくできるが、 小さい鼻は大きくすることができない。
小さい眼は大きくすることができるが、
大きい眼は小さくすることができないからである。

これは彫刻だけではなく、どんなことにもあてはまる。
修正しゅうせいがきかない部分を念入りに行えば、 滅多めったに失敗しないものだ

この後段の箇所が表題の言葉である。
何事も、修正・復元(フィードバック)出来るかどうかを念頭に、
それができないところは、
十分な配慮と、慎重さをもって 対処するべきだ、と。

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

 

己を琢く手段を探る!

 

ナオン について

美容業界での長年のマネージメント能力を活かし、 人生の選択時により善い選択(決断)の一助になればと、 中国古典の「意解」に取り組んでます。 古希を目前にして振り返れば、 その折々により善い選択(決断)が出来なかった事、 心ならずも人の心を傷つけてしまった事に、 後悔の思いは数知れず、走馬灯のように過ります。 私のように後悔先に立たずという思いは 読者には少しでも避けてほしいとの思いで ”中国古典 名言に学ぶ 総集編”を作成しました。
カテゴリー: 自己を高める タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください