free web hit counter

 

Blog

Pocket

 

 
まことに日に新たに、日日に新たに、また日に新たに
ー苟日新、日日新、又日新ー   大学 伝二章
(大学:一巻。もと「礼記」中の一篇であったが、宋代以降、単行本として独立し、
朱熹がこれを四書の一としたことから、特に広く読まれるようになった。)


{原文}
湯之盤銘曰、
苟日新、日日新、又日新。

{書き下し文}
とうばんめいわく、
まことあらたに、日日ひびあらたに、またあらなり」と。

 

{意解}  
 いんの時代の湯王とうおうという明君は、
洗面器せんめんきにこの一文を刻み込み 「修身しゅうしん」の決意を
日々新たにしたといわれる。  
 日本では土光敏夫氏が この言葉をモットーにして
徳を磨き「行革」に努めたと聞く。  
「大学」という本は、文字数の少ない「孫子の兵法」の
三分の一の、わずか千七百五十三字の小冊子である。   

 その内容は「修身、斉家、平天下」を説いたもので
その内の「修身」の中に出てくる一文。
自分を鍛えようとする自覚的な努力を促する
自己啓発のすすめ”の言葉である。   

 修身、修養とかの言葉を聞くと
まゆをひそめる人も少なくないが  
日に新たに、日日に新たに 続けることが
進歩につながると確信する。

修身しゅうしん:自分の行いを正しくするようにつとめること
ばん:洗面器
めい:彫りこまれている言葉
とう湯王とうおう

 

*「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

 

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

【お知らせ】
ご訪問いただき、心より感謝いたします。
海外の方からも日々、嬉しいコメントをいただき励みになっております。
つきましては、日本の善さも知っていただきたく、
貴方様が御興味のある、価値有る、確かな Made in Japan を
ご紹介できればと思っております。
お問い合わせのコメント頂ければ、嬉しいです。

あわせて読みたい関連記事:

Related Article

  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

沈琳 二胡 女人花

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9,045人の購読者に加わりましょう

メールアドレス

支援ボタン

世界シェアNO.1のVISA

WordPress史上、最高の傑作

最近の投稿

アクセス解析