欲あれば即ち剛なし|中国古典 名言に学ぶ

有欲則無剛

有欲則無剛

第二章


よくあればすなわごうなし

ー有欲則無剛ー   近思録
(近思録:十四巻。宋の朱熹・呂祖謙の共著。宋の学者、周廉渓・程明道・
程伊川の著書や語録の中から六百二十二条を選んだ、初学者用のテキスト。)

{原文}
有欲則無剛

{書き下し文}
よくあればすなわごうなし

有欲則無剛

有欲則無剛

{意解} 
この一文での「ごう」のつよさは、同じ「剛」でも自分が正しいと信じたことは
あくまでも主張して譲らないつよさ、激しい風雨にもビクともしないで、
悠然ゆうぜんとそびえ立っている樹のつよさを指している。

勿論もちろん美徳びとくの一つである。  

 あるとき、孔子が「われいまだ剛なる者を見ず」 となげいたところ
申悵しんちょうという男はどうですか」と 聞く者がいた。  
孔子は答えて「うらみよくあり。いずくんぞごうなるをん」
あの男には欲がある、
あれでは剛にはなれぬと答えている。  

私欲しよくが入ると、剛は失われてしまう。
なぜなら、私欲にかれて妥協だきょうに走るからだと。  

この「近思録」の一文は
「論語」にある この話を受けてのことかもしれない。

巧言令色、鮮し仁:論語 学而第一、陽貨第十七、公冶長第五
剛毅木訥ごうきぼくとつじんに近し:論語:子路第十三

「中国古典一日一言」守屋洋(著)をもとに、
自分なりに追記や解釈して掲載しています。

私たちは、日々、何をするにしても
大なり小なり、決断(選択)をしている
その折々に思い出し、
より善い選択(決断)ができるように
貴方も私も 在りたいですね。

コメント

Copied title and URL